カテゴリ:未分類( 69 )

 

はじめてのバナナジュース

孫に、わが家特製レピシのバナナジュースを初めて飲ませました。
このジュースは、バナナ、アボカド、牛乳、砂糖少々をミキサーにかけたものです。アボカドの効果でパステルグリーンにほんのり染まった濃厚な美味しいジュースになります。

◎「おいしいのかな?」疑い深そうに孫は、ちびりちびりと口をつけてみる。
b0134988_1557355.jpg


◎「ん? これは・・・」
b0134988_1557413.jpg


◎「おいしい・・・かも」
b0134988_15574742.jpg


◎おいしいと分かるとこの形相で ずび、ずび、ずびび・・・、ふー(息継ぎの音)、ずび、ずび、ずびび・・・と、最後までコップを手からはなしませんでした。(おでこにコップの跡がつきました)
b0134988_1557538.jpg


実は、この写真はバナナジュース2度目に撮ったもの。ホントのはじめてのときは、このあとコップをさかさまにして、よいどれのように最後の一滴まで飲み干した。

◎そのシーンを再現したくて、翌日三度目のトライ。
たらこ唇をぐびぐび動かして飲み干しました。
b0134988_1558030.jpg


それにしても、生後5ヶ月のころ、生まれて初めてのジュースを一口飲んだときのことを思い出します。

◎何を流し込まれたのか分からないまま、うえっ、なにこれ、って感じでした。
成長したものです。
b0134988_16214658.jpg

b0134988_16215487.jpg
b0134988_1622135.jpg
b0134988_16221077.jpg

[PR]

by pataponm | 2016-04-16 15:58  

うしろ姿がかわいい

久しぶりに娘・孫と軽井沢へ。

◎孫の成長は著しいです。9月に来たとき(1歳4ヶ月)はあんよができて1ヶ月、あぶなっかしく歩いていたのに・・・、
b0134988_1037444.jpg


◎1歳10ヶ月になった今は、こんなに元気に走る走る。走りながら横を見たり後ろを見たり!
で、転ぶ。
b0134988_10373658.jpg


◎大好きなトトロのお店に行って大興奮。
b0134988_10372724.jpg


◎店の前のトトロといっしょに写真を撮りました。
b0134988_10371024.jpg


◎トトロ、もとい、おーちゃんも大好き。まっくろくろすけのぬいぐるみを買ってくれたしね。(孫はなぜかまっくろくろすけが一番好きなんです。そしてなぜかパットロッチと呼びます)
b0134988_10365267.jpg


◎お弁当を食べたあとは、湯川公園で遊ぶ。いつも遠目に見ていて、こんなに子供が喜びそうな遊具がそろっているとは知らなかった。
b0134988_10364573.jpg


ツルヤで買い物、私と娘が買い物をしている間、眠くてぐずり始めた孫を、おーちゃんが必死でご機嫌とって、帰りの車でプラン通りまんまと爆睡してくれました。

孫が加わると、全行程、孫仕様の1日になるけれど、たまにはこんなのもいいものです。
[PR]

by pataponm | 2016-04-07 10:58  

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

いつも誰かが欠けている盆と正月だが、今年は久しぶりに父を中心とした親族が勢ぞろいした。
父から見て、子が2人、その連れ合い2人、孫が5人、その連れ合い2人、ひ孫が3人、総勢15人。

テーブルにつくと、こんな感じです。
b0134988_1039456.jpg


今、お膝や背中にいるひ孫たちが椅子に座るようになり、未婚の孫たちの連れ合いが増え(あと3人増員加)、ひ孫の数も増えたら、もうどこか料亭でも借りないと無理かもしれない。

夕食は、大量のカニ、兄の作った絶品スモークサーモンやライ麦パン、それに刺身が贅沢に乗ったちらし寿司等で饗宴となる。
b0134988_10492832.jpg


父は物忘れが激しくなってきていて、孫までの名前は定着しているが、ひ孫の名前はどうしても覚えられないらしい。まだ頭がはっきりしていた3年前に生まれた兄のところの孫だけは分かって、月に何度も行っている私の孫Sのことを「あれがAちゃん?」などと言う。

「庭の木の枝を切らないと隣の家に迷惑をかける」というのが父の固定観念のようになっているので、男手総出で枝の伐採をした。
「おじいちゃんにしっかり見せて記憶に残るようにしなきゃ」と、「みんなで枝切ってるから、ちょっと見てくれる?」と父を呼び出す。
つい10日前に娘と二人でソルダムの枝を切ったので「この木は、このあいだ切ったよね」と言うと、
「あぁ、そうだったね。これはTさんが切ってくれたんだな」
なんと、何年か前に夫が切ったときのことを覚えていて言う。
はたして今日のことは、父の記憶にどう残るのだろうか。

父は、前歯4本の差し歯が取れてしまい、急に老け込んだ顔になった。
「歯がないと年寄りに見えてイヤだよね」
と94歳が言うので皆笑った。

取れた歯は、どこにいったか分からないそうだ。
こんな風にいろいろ分からなくなっている父だが、いつも皆に感謝して、機嫌よく、人格が壊れていないのが凄いと思う。ケアマネの方が様子を見に来たときも「自らを律する心は失っていないつもりです」と言っていた。
[PR]

by pataponm | 2016-01-06 10:39  

1歳になりました

ブログをさぼっているうちに、孫娘は1歳になってしまいました。
2月に新築・引っ越しした娘一家の家でお誕生会を。

◎小さく切ったものなら自分で食べられるようになりました。今はやりの「おにぎらず」を1㎝角くらいに切って、お皿にいっぱい、あっという間に食べてしまいます。食パンなら6枚切り1枚をぺろり。
b0134988_1752727.jpg


◎女の子らしいものは拒否! おたんじょうびだって関係ない。
b0134988_1753837.jpg


◎お餅を背負わせて(まだ歩けないので)はいはいさせます。
b0134988_1754619.jpg


娘のときにこういうことはやりませんでしたが、今はみんな、両親招待してやるんだそうです。以前は限られた地方の風習だったものが、赤ちゃん雑誌などで全国に広まったようですね。リュックは、「お餅背負わせ用」で、雑誌の付録なんだって。
リュック重いのに、Sちゃん元気にはいはいしました。

そろばんや本などを取りに行かせて将来就く仕事を占う、という風習も聞いたことはありますが、雑誌の付録にこれもありました。いろいろな道具の描かれたカードを取りに行くのです。

◎あ、すぐそこにバイオリンの絵が・・・!でもSちゃんの選んだのは盃の絵でした。
え? 盃?・・・酒?
b0134988_175533.jpg


◎あーちゃん(私のこと。こう呼ばせることにした。笑 ちなみに夫はおーちゃんです)からのプレゼント。大きな箱に興奮するSちゃん。
b0134988_1755937.jpg


◎箱の中を覗き込んで「あーー!」と大きな声をあげる。
b0134988_176742.jpg


◎手押し車だー。「おじたん(左)」が説明書を読んで組み立ててくれました。おもちゃを乗せて自分で押して歩けるのです。2歳くらいになったら組み直して自分が乗れるバイクになる。
b0134988_1761363.jpg


◎手を離したら、伝い歩きしかできないはずなのにいきなり走った!
自分でびっくりして「カッ、カカカカ!」と笑う。
b0134988_1762092.jpg


◎お母さんお手製の、赤ちゃん用蒸しパンに水切りしたヨーグルトと苺で飾り付けしたケーキ(これも雑誌のレシピ)。
Sちゃん、「あー」と言って欲しがる。
b0134988_1762683.jpg


◎大人用のケーキは、もっとほしい!
b0134988_1763556.jpg


◎やっともらえました。満足そうに食べるSちゃん。
b0134988_1764214.jpg


◎お茶も自分で上手に飲めます。どうやら左利きのようです。左利きでバイオリン、うまく弾けるのかな?
b0134988_1765178.jpg

[PR]

by pataponm | 2015-05-12 17:07  

すくすく育ってます

孫娘は、すくすくと育っております。

9.28
人の顔をよく見て、笑いかけるとにこっ、とわらう。よく笑う子です。
b0134988_17452658.jpg


10.2
「おつむてんてん・・・」手が届きません。
b0134988_17455317.jpg


10.3
笑うとついシャッターを押したくなるけど、今のところ本業は「号泣」。
大人には推し量れない「何か」が気に入らなくて泣き始めると、泣くわ泣くわ、どうにも泣きやまなくなる。
大粒の涙がぽろんぽろん。
b0134988_17453944.jpg


10.6
でも、基本的にはのどかで明るい性格の子みたいです。
b0134988_17541792.jpg


10.7
何でもよく見る。たまに会う息子の顔などは、穴のあくほど見詰める。
b0134988_1746916.jpg


おまけ。
うちわに孫の顔を描いて見せたら、にこにこ笑った。何度見せても、何度でもにこにこ。「顔認識」してくれたみたい。
b0134988_17455344.jpg


5ヶ月目の誕生日に、初めての果汁を初めてのスプーンで飲ませました。

◎まだ、何をされようとしているのか知らない。
b0134988_11511678.jpg


◎口に、果汁が流れ込んで来た。
b0134988_11514446.jpg


◎半分こぼして半分飲み込む。
「すっぱーーい」顔。初めて見る表情。
b0134988_11513053.jpg


◎「うえ~~。なぁに、いまのぉ~」
b0134988_11515771.jpg


このあとぐずったので、娘がおっぱいをあげたら口直しをするかのように、ぐいぐいと本気飲みしてました。
[PR]

by pataponm | 2014-10-23 17:46  

時空を超えて

5月11日、娘が3500gの女の子を出産した。

◎生後24時間。
b0134988_1123546.jpg


・・・おっと、これは私の娘が生まれたときの写真でした。

◎こちらが生まれて18時間後の孫娘です。
b0134988_11125043.jpg


◎生後10日の・・・、これも我が娘。
b0134988_11125816.jpg


◎生後2日の孫娘。
b0134988_1113384.jpg


◎これは生後2ヶ月になりますが、私の娘です。
b0134988_11131241.jpg


◎生後4日の孫娘。
b0134988_11131760.jpg


お、おんなじだ! 時空を超えて娘がまた現われたか!? と錯覚しそうなほど。
看護師さんたちに「お母さんそっくりね。もう、(ベビーカートの)名前見なくても分かるわ」と言われたそうだ。
生まれたときの娘ではなく、「今の」娘を見てもそう思うのか。どんだけ?
お父さん、立つ瀬ないね。でも、大丈夫。赤ちゃんの顔は日々変わってくるから。きっとそのうち、お父さん要素が出て来るから。

それにしても・・・、
「に、似てるっ!」

産院の新生児室には7、8人の赤ちゃんがいた。母子同室が原則の所なので実際はもっといるわけで、少子化、どこの話?という感じ。特に5月10日は一晩で何人もの赤ちゃんが生まれたそうで、二人しかいないお医者様は大変だったろう。
孫娘は、予定日が10日だったのに、気を使って? 比較的すいていた翌日に生まれた。しかもその日は母の日。なんて親孝行なの?

いつも一緒にアンサンブルをしているチェロのYさんのお孫さんも、14日に生まれたそうだ。
テレビでは、水泳選手やタレントの赤ちゃんが生まれたと報道していた。

◎ベビーラッシュは、うちの庭にも。
娘が作った鳥小屋にシジュウカラが巣を作り、数日前からヒナたちの「シャシャシャシャ・・・」と餌をねだる声がうるさいほど。
b0134988_11255610.jpg

ものみな芽吹くこの美しい5月に生まれて来る新しいいのち。
希望が胸に溢れてきます。

私が「お婆」になることは別として。
[PR]

by pataponm | 2014-05-18 11:14  

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

ブログの更新が滞ってしまい、申し訳ありません。
少しずつ遡って更新して行きたいと思っています。
多少(かなり)季節外れの記事もアップしていくかも知れませんが、よろしくお願いします。


◎小屋への道は雪が積もって、これからは小屋へ寄れない季節になります。
ウサギやイノシシやシカたちが小屋の周りで遊んでいるでしょうか。
b0134988_14211273.jpg

[PR]

by pataponm | 2014-01-03 14:21  

砂嵐

ほとんど初夏の陽気だった昨日から一転、急激に気温が下がったために午後からすさまじい春の嵐になった。
外を見たら、畑から一斉に土埃が舞い上がって視界も遮られるほどだったので、カメラを持って夫の車に乗り込み、「取材」へ飛び出す。

◎まだ作物の植わっていない畑は、よく掘り返され耕されたキメの細かい土だ。強風によってそれが舞い上がり、砂嵐となる。
b0134988_16453861.jpg


◎そして道路へ荒波のようにぶちまけられる。
b0134988_16454518.jpg


◎こんな状況の中、中学校のグラウンドではサッカーの試合をしていた。風と砂に攻められて、試合どころではないだろうに。目に砂が入って辛そうな子が何人もいた。目よりも肺に吸い込む砂が心配。
b0134988_1645513.jpg


◎砂は、家にも車にも容赦なく押し寄せる。
b0134988_1646662.jpg


◎強風の様子はカメラにはなかなか収めにくい。強風に翻弄されて螺旋を描くように身悶えしている木々も、写真にすれば静止画だ。折れて落ちた枝から想像してもらうしかない。
b0134988_16461534.jpg


◎脇から入って来た車が・・・
b0134988_1646247.jpg


◎砂嵐にのみ込まれ・・・
b0134988_16463013.jpg


◎もう見えません。右上に何やら紙屑のようなものが空を舞っている。
b0134988_16463768.jpg

[PR]

by pataponm | 2013-03-10 16:47  

合同展

東京の美術大学の卒業生による合同展を見に行く。

◎ここに息子の作品を見に行くのは、後にも先にも今日限りと思います。
b0134988_11412574.jpg


◎いくつもの部屋に、それぞれの大学の特徴ある作品が並び、全部見るには相当な体力を要する。
最後に息子の大学の部屋に行き着く。
b0134988_1141354.jpg


◎彫刻の部屋。巨大なハサミの向こうに・・・
b0134988_11414241.jpg


◎あった。ここではパネルを使って機械の構造説明や都会の雑踏の写真などが展示されていた。創作なのか実録なのか、美大生の中にふつふつと沸き起こる感情のモノローグ風文章なども・・・。
作品にはヘッドホンがつながっていて・・・、
b0134988_11414893.jpg


◎息子が友達を相手になにやら語っている場面がエンドレスで流れている。ぼそぼそ喋っていて何を言っているのかよく分からない。
b0134988_11415416.jpg


先日実家に帰ったとき、息子は祖父とこんな会話を交わしていた。
「Rちゃん、卒業制作にはどんなものを作ったんだい? 首?」
「じゃなくて・・・」
「胸像?(とあくまで具象彫刻をイメージする祖父)」
「ううん」
「じゃ、どんなの?」
「(ぼそぼそ)インスタレーションっていうかぁ・・・」
「ん?(聞き取れなかった)」

おじいちゃんには、あまり詳しく説明しない方が無難だね・・・。
[PR]

by pataponm | 2013-03-02 11:40  

カメラその後 じぶんでとった~

手に入れたオリンパスPEN、電源入れたあと日付も設定していざ、初撮影~(といってもAUTOですが)。

◎私の初ショットは、Y.Kさんが買って来てくれたピンブローチ。何とビオラ譜のアルト記号がモチーフ。音楽関連グッズは数あれど、アルト記号は見たことがありません。チェロのY.Tさんにはヘ音記号のブローチを。

マクロレンズではないので、ここまでしか寄れない。小さなブローチなのに、上部の一点にしかピントが合っていない。
b0134988_10135542.jpg


制作したのは、ラバーキャスト廣田という工房。「ホワイトメタル(錫合金)を原料として主に北の動物や植物をモチーフにしたオリジナルのアクセサリーやルームアクセサリーを作成・販売して」いるそうだ。
所在地は札幌市東区。札幌にお住まいの方は訪ねてみたらいかがでしょうか~。

◎イケアで買った食品。左からホースラディッシュ(西洋わさび)ソース、リンゴンベリー(こけもも)ジャムとジュース。

日の差さないリビングの、半分つかなくなった蛍光灯の光で撮った。ここで撮るといつも暗くピンボケになるのに明るく撮れることに感動。
b0134988_1014190.jpg


上の他、コデマリに似た花をつけるエルダーフラワージュースも美味しかった。
野菜やスモークサーモンなどを巻いて食べる極薄のパンも、他では買えないので行けば必ず買う。
イケアはレストランと食品売り場が魅力で夫の買い物にくっついて行く。最近さらに人気が高まっているらしく、立川などへの出店も予定されているようだ。実家へ帰る途中で寄れるようになるかな?

◎タビィの定位置の一つ、台所の窓。窓際のタビィは逆光なので顔が黒くなるのだが、やはり明るく撮れている。
「言いたいこと分かるでしょ? 開けてよ~」
誰かが気づいて窓を開けてくれるまで、この顔でずっと待っている。
b0134988_1014744.jpg


以上、AUTO任せでシャッター押しただけなのにこの出来栄えです。
もう、ずっとAUTOでいいかなぁ・・・?
と頭をもたげた怠け心に「ダメですよ~」というY.Kさんの叱咤の声が聞こえてくる。「がんばろうねーー」というY.Tさんの激励のこえも聞こえてくる・・・。
[PR]

by pataponm | 2013-02-22 10:14