<   2008年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

母の遺したもの かばん

若いころの絵画、彫刻から始まって晩年のテキスタイル製作、人形制作、編み物と、母は実にいろいろなものに手を出して楽しんでいた。
父は母が何か新しいことを始めて没頭していると「いろんなことをやりすぎるよ。好奇心が強すぎて飽きっぽいんだよなぁ。」と言っていた。確かに、絵画一筋貫いて家族を養い、趣味一つ持たずに生きて来た父から見れば、「楽しい、面白そうなもの」だけに飛びついて夢中になる母はそんな風に見えたかもしれない。でも、没頭したものすべて「深入り」のしかたが並大抵ではないので、それはそれで偉業といえるのではないかとも思う。
「父さんは、私のやること全然認めてないの。」と、ときどきぼやきながらも、母はやりたいことはやり通した。それでも多少は父に遠慮していたのか、父が出かける日には「今日は一日中好きなことができる」と思って、父を見送った玄関先で小躍りしたい気分になったと言っていた。

そんな母が次々と熱中したものの中に、かばん作りがあった。いったん始めたものは、材料、道具ともに最高級のものをそろえる母、皮加工専用のミシンを買い、本皮や貴重な布を贅沢に使っていくつものかばんを作った。
b0134988_10524476.jpg
◎パナマ共和国のクナ族が起源と言われる民族手芸「モラ(MOLA)」の布を使ったかばん。モラとは、何色もの布をあらかじめ重ねておき、切り抜いて下の色を出してかがっていくという、「逆アップリケ」ともいわれる手芸だ。このかばんに使われたのは、現地の人が作ったオールドモラといわれる貴重なものだ。

b0134988_1053325.jpg
◎左の二つは、チロリアンテープをあしらったポシェット。母はチロリアンテープにも夢中になって、スイスやオーストリアなどに行くという人がいると頼んで買って来てもらっていた。1メートル数千円もする高価なものばかりだった。右上はスエード。右下は、自分で織った布を使ったもの。

b0134988_105313100.jpg
◎娘が小学生のころ作ってもらったピアノの楽譜を入れるおけいこかばん。ここにも幅広のチロリアンテープが使われている。

b0134988_10532993.jpg
◎叔母(母の妹)は、デンマークのクロスステッチを永年やっていて、多くの作品を作り出している。テーブルクロスとしてもらった刺繍作品を、母はかばんに仕立て直した。
「切っていい?って聞くから、いいわよって言ったけど、構図考えて刺したものなのに、ちょっとがっかりした。」と、後になって叔母は私にだけ話した。

b0134988_10534099.jpg
◎上は、ドイツ製のタオル地を使ったもの。下は、ブータンの人が織った布で、メーター2万円だったか、驚くような値段で買ったものだ。

b0134988_1054098.jpg
◎自作の布で作ったかばん。

b0134988_1054996.jpg
◎布の織り目のアップ。
[PR]

by pataponm | 2008-10-31 11:24 | 母の遺したもの  

目のないロシアンブルー

あまり長い間、羊毛クラフト関係の記事をアップしなかったので、製作途中のネコを。
少しネコを集中的に作ってみようと思い、図書館から図鑑を何冊も借りてきてロシアンブルーを作り始めたが、目でつまづいた。分かっていたことなのに。
羊毛作家は犬を作る人は多いがネコは少ない。犬、うさぎ、テディベアに使える目は市販されているのに、猫用の目がないというのも、ネコを作る人が少ない理由の一つになっているかも知れない。みなさん、大きめの(高価な)テディベア用の目を代用したり、眠り猫にしたり(笑)して、苦労していらっしゃる。
ネコの難しさはもう一つ、あのしなやかで柔らかい体を表現するのがとても難しいということだ。ネコの顔や体の輪郭は、多種多様の犬に比べれば種の違いでそれほど変わるものではない。でも、ネコに共通する柔らかいけれど内に俊敏なバネを秘めている・・・みたいな体の線の魅力を出すのは至難の技なのだ。
b0134988_1083275.jpg
◎布を彩色して白目部分を作り、ボタンアイをはめ込むというやり方をしたが、ギラギラした凶暴な目になってしまった。市販のテディベアの目で安いボタンアイは、一番小さいので9ミリ、ギョロ目になった。他に、白目は羊毛を植え込み黒目はボタンアイ、樹脂粘土を彩色してすべてを作る、等々、何度もやり直しては、はがしたり引きちぎったり。可哀想にネコの目は針で刺しまくった跡やボンドが乾いた跡などで痛々しい。
ロシアンブルーは憧れのネコだ。灰色がかった光沢のあるブルーが特徴なのだが、羊毛だとただの灰色になってしまうのが哀しい。せめてあの思慮深い(ように見える)大人の雰囲気の目は表現したい。

b0134988_1085866.jpg
◎羊毛ドッグは体長5~7センチくらいに作るものらしい。でも娘は「こんなに小さいと吹けば飛ぶようで、お金出して買うとしても、600円以上は出したくない感じ。」などと言う(何時間かけて作っているか知ってるでしょう!)。だからというわけではないが、私にとっては、今回の大きさが一番作りやすく、手ごたえもあると思った。体長を計ったら、しっぽの付け根まで13センチになった。以前作ったラブラドール・レトリーバーのハナと比べると、こんなに大きい。
[PR]

by pataponm | 2008-10-25 10:07 | 羊毛ドッグ・クラフト  

披露宴での演奏

愛知県の豊橋に、カルテットの演奏をしに行った。今やっているオーケストラの指揮者の従姉妹さんが結婚することになり、その披露宴での演奏を頼まれたのだ。指揮者のY先生はコンサートの本番があるため列席できない。私たちは、Y先生からの結婚祝いのプレゼントとして送り込まれたというわけだ。責任重大。

b0134988_11175570.jpg
◎披露宴会場は、民家を改造したような建物の仏レストラン。とても感じのいい雰囲気だった。ブライダルプランナーが常勤していて、何ヶ月も前から結婚式の企画を新郎新婦と共に練って当日を迎えるという。シェフや司会者、映像の担当者など、何人ものスタッフが協力して作り上げた、いい披露宴だった。

b0134988_1185621.jpg
◎カルテットの席からひな壇を見る。花嫁お色直し後。手前にベビーカーが見えるが、実は二人の間には既に愛の結晶、1歳になる女の赤ちゃんがいたのでした。入籍も2年近く前にしたそうだ。

b0134988_119873.jpg
◎お色直しのドレス姿の花嫁さん。おめでとうございます。

b0134988_1193163.jpg
◎宴終了後、いただいた心づけで豊橋駅近くの居酒屋「田々」で打ち上げ。おでん専門の居酒屋ということで、おでんのメニューが豊富だったが、愛知県だからか、赤だし仕立てのおでんというのがあり、興味深かった。おいしかったのに、写真に撮ったら卵、里芋、大根が同じどす黒いごろごろのまずそうな塊に写ってしまったので、代わりにちゃんちゃん焼きの写真を。こちらも味噌味だが、甘くこってりとした、赤だしとはまた違った味わい。味噌味メニューが多く、愛知は味噌、と再認識した。ちなみに、新幹線の豊橋駅のキヨスクでは、「赤だし味プリッツ」というのを売っていた。

b0134988_1193945.jpg
◎式当日はたまたま豊橋祭りで、式場から披露宴会場までの渋滞が心配されたが、それほどの遅れもなく開始することができた。居酒屋を出たら、目抜き通りには山車や神輿が繰り出し、出店なども出て賑わっていた。

b0134988_1194680.jpg
◎夜の豊橋駅。東京駅から新幹線で1時間半もあれば着いてしまう。埼玉の自宅からいつも1時間半くらいかけて都心へ出かけたりしているが、やはり気分はプチ旅行。おみやげに名物の「あさりせんべい」や「ういろう」などを買い、新家庭の幸せを祈りつつ帰路についた。
[PR]

by pataponm | 2008-10-19 11:04 | 音楽  

あげおワールドフェア

今年も市民センターでワールドフェアが開かれた。「あげおワールドフェア」は、上尾市国際交流協会が主催するもので、市内やその周辺に住む外国籍市民が中心となって自国の料理や音楽、踊りなどの文化を紹介するイベントだ。今年で15回目になるという。
b0134988_1037874.jpg
◎市民センター駐車場にいくつものテントを張って、世界各国の珍しい料理を作って売っている。写真はエチオペア。ケバブは大人気。隣りのベトナムのフォーも人気で大行列だった。少し間を置いて買いに行ったら売り切れていた。

b0134988_1045155.jpg
◎一回りして買ったご馳走。左からミルククッキー(国名は忘れた。コンデンスミルクの味の強いクッキー。)、「お米のお餅」(マレーシアだったか・・・? 何という名前かと聞いても、『ちょとわからない、お米のおもち』一生懸命日本語で説明しようとしていたが、原語で何と言うのか聞けばよかったのかも。挽いたとうもろこしのようなものを餅で包み、まわりにココナッツをまぶしてある。甘みはなく、砂糖をかけて食べる。上は、イランの「ジュージェキャバブ」という焼き鳥。サフランとレモンのたれに付けて焼くそうだ。一番右が、韓国のトッポギ。トックというすいとんのような餅を野菜と一緒に甘辛く煮たもの。おいしかった。

b0134988_1121491.jpg
◎市民センターの建物の中では、カンボジア、インド、台湾、アメリカ、メキシコ・・・30近い国々のブースがあり、それぞれお国自慢の民芸品などを展示している。写真はジャマイカのブース。

b0134988_11413583.jpg
◎ペルーのブース。敷物や織った布で作ったかばんなど、布製品が魅力的だった。

b0134988_10394767.jpg
◎中国の展示。京劇のお面を模した小さなお面や、左にはピータン、右には烏龍茶などが見える。

b0134988_104047.jpg
◎インドネシアのカメのキーホルダー。

b0134988_10401672.jpg
◎虫を樹脂に閉じ込めたキーホルダーがあった。巨大なカメムシみたいのやサソリはちょっとね~・・・と思ったが、結構よく売れていた。

b0134988_10492261.jpg
◎カメのマグネットを買った。350円。2センチくらいの小さなもので、かわいい。
[PR]

by pataponm | 2008-10-18 10:36  

母の遺したもの 織物

母が亡くなったあと、父はときどき「母さんは、可哀想なことをしたなぁと思うね。」と言う。今まで両親や兄を送って来たが、こんな気持ちになったことはあまりないね、と言う。
私が、「好きなことばっかり、毎日やって過ごしてたんだから、幸せな人生だったじゃない。」と言うと、「好きなことばっかりやって楽しんで生きてたから可哀想なんだよ。」と言う。

それほどまでに、母は好きなことに没頭し、熱中して取り組んでいた。人形作り、かばん作り、編み物、織物、合間に100坪の畑で野菜作り・・・

先日実家に帰った機会に、母の織物の作品を写真に撮った。実用的なショールや敷物、テーブルセンターなどは、買ってくださる人も多く、2度ほど開いた個展や人の紹介などでずいぶん売れてしまった。残ったのはわずかだが、売るつもりで保存していたのか、値札がついたままのもあった。
b0134988_10475364.jpg
b0134988_1048219.jpg
◎母のアトリエに長い間掛かっている壁掛け。初期のころの作品で、いろいろな試みをしている。

b0134988_10481028.jpg
◎センターと敷物。上は木綿で下はウール。後年、北欧の織物に興味が定まると、スウェーデンから文字も読めない本を取り寄せて試行錯誤しながら北欧のデザインばかり織っていた。図案を決め、色を決め、何百本もの糸の操行通し(縦糸通し)をやれば仕事のほとんどは終わり、横糸を織り込んでいくトンカラリンの作業はそれまでの作業に比べればいかほどのこともないそうだ。
父のアトリエの奥に母の6畳の小さなアトリエがある。スウェーデン製の織り機を入れるともう部屋はいっぱい、そこで母は日がな手仕事をして過ごしていた。

b0134988_10481762.jpg
◎ストールとテーブルセンター。

b0134988_1048241.jpg
◎敷物2点。下側になっているのは裂き織りのようだ。
[PR]

by pataponm | 2008-10-17 10:47 | 母の遺したもの  

戦時中の罹災証明書

実家へ行く。マロンはいつものように大興奮。バフンバフンと跳ね回る。「いつになったら、落ち着くのかねぇ。」と言っている父には気の毒だが、この子は、体は大きくなっても大人になるということがないのではないかと思う。来月で3歳になる。
b0134988_9493566.jpg
◎マロンは今日も大元気。

何気なくたんすの引き出しを開けてみて、珍しいものを発見した。父の「罹災証明書」と、母の「通学定期」だ。母は、私の母子手帳や臍の緒、小さいころ遊んだおもちゃ、昭和初期のお金など、何十年もとっておいてときどき私たちを驚かせたが、こんなものまでとってあったとは。

b0134988_9494938.jpg
◎罹災証明書。昭和20年4月13日に「紛失ニ付再交付」とあるから、まだ戦争中だ。東京都瀧野川区の発行で、「罹災法ニ依ル家財給与金五百円也支給済」という文字が見える。焼け出された人にはこのような保証があったものらしい。名前は父ではなく、家長であった長兄の名前になっている。
瀧野川区は、王子区と合併して戦後北区になったそうだ。「北区とは安直だ。」と、当時名称に反対する人もいたらしい。

b0134988_9495962.jpg
◎母の通学定期。昭和22年12月3日とある。結婚直前なのか、まだ旧姓だ。通学定期というのは、絵の研究所に通っていたからか?鎌倉から上野まで半年間で539円00銭だったようだ。

b0134988_950923.jpg
◎帰宅後、夕食は焼肉の「安楽亭」で、娘の埼玉県教職試験合格祝いをした。苦節3年、このままいつまでも臨時採用教員だったら、不安定収入で派遣先も不明の不定期雇用がずっと続くということで、一般企業への就職も年齢的に無理、というかなり追い詰められた状況だった。よく頑張ったと思う。おめでとう。
[PR]

by pataponm | 2008-10-16 09:56  

マダムRの洋裁教室

RさんJさんらと一緒に弦楽四重奏を始めて、もう10年にもなる。ときどきは学校、病院などに頼まれて演奏するようにもなった。
バイオリンのRさんは、市内で最も大きいバイオリン教室を主宰する一方、ソロの演奏活動もよくしているが、コンサートに着る素敵なドレスはすべて手作りだ。自分で作ったドレスを着て演奏する・・・ということに憧れて、何年か前からJさんと私は、Rさんに洋裁を習い始めた。
カルテットの練習のあとや、別の日に集まったりして、今までに何着かのドレスやスカートを作ってきた。
b0134988_13262297.jpg
◎Jさんは、11月に予定している学校コンサートで着るドレスを、私は、以前に作ったドレスの布がたくさん余ったので、ワンピースを作っている。Jさんは、複雑な型紙のドレスに挑戦して、どんどん上達しているのに、私の作るものはいつまでたっても「学芸会の衣裳」の域を出ない。この服も、ワンピースは難しいので、ボタンなしのかぶるだけの上着にギャザースカートを同布で作ってワンピースに見せかける予定だ。
[PR]

by pataponm | 2008-10-15 13:25  

ストックホルムみやげ~蘇える北欧の思い出~

チェロを弾くSさんから、ストックホルムのおみやげに可愛いノートセットをいただいた。ノーベル賞の授賞式が行われるので有名なコンサートホール横のヒュートリエット広場の市で買ったそうだ。
ストックホルムと聞いて、2年前のちょうど今の時期に、娘と二人で北欧旅行をした思い出が蘇えってきた。
ヒュートリエット広場には私たちも行って、陶器の壺や刺繍した布など楽しいものをいろいろ買った。でも、「市の開かれない」日曜日だったので、あまりたくさんの店はなく、いただいた物のような、お土産に最適の素敵な物を買い込むことは出来なかった。
私たちは添乗員付きのツアーだったが、Sさんは学会(彼女は歯医者さん)に参加のため、一人で行ったそうだ。サンクト・ペテルブルグでは、ネットで予約したはずのホテルに予約が取れていなくて一人で奮闘して交渉し「あの経験でサバイバルに自信がついた」と言うし、ストックホルムでは、到着してから良さそうなコンサートを探してチケットを購入して聴きに行ったり、すごいな~、と思った。

b0134988_11283166.jpg
◎デザインが可愛いノートセット。

b0134988_11284020.jpg
◎これは消しゴムだが、あまり可愛いので裏にマグネットを付けて、マグネットとして使おうと思う。

b0134988_1282554.jpg
◎一昨年の10月に娘と行ったストックホルムのヒュートリエット広場。市の立たないはずの日曜日だったが、古着や陶器など結構店が出ていた。青い建物がコンサートホール。今年の12月には日本人4人が受賞したノーベル賞の授賞式が行われる。

b0134988_1255263.jpg
◎左は北ヨーロッパでよく見られるリンゴンベリー(こけもも)。海外少女小説の中によく出て来て、娘時代に「どんなものだろう」と夢見ていた「こけもも」を初めて食べた。

b0134988_126465.jpg
◎市場のおばさん。ここでテキスタイルを10枚くらい買ったら、おまけしてくれた。英語教育の行き届いた北欧では、誰にでも英語が通じる。この方は、私達が会った人の中で唯一英語の話せない人だった。
[PR]

by pataponm | 2008-10-14 11:27  

まだまだ80万語の「100万語多読」

久しぶりに多読の会に行く。毎月近くの公民館で開かれているが、スケジュールが合わなくて2、3ケ月も空いてしまうことがある。会費1200円は、行ったときのみ払うので、主催者のゆきんこさんには申し訳ないと思うのだが、嫌な顔もせずに受け入れてくださっている。(あまり借りている期間が長くなると、郵送してください、とかお友達経由で返却してくださいとか連絡をいただいてしまうが・・・)
b0134988_11354153.jpg
◎ゆきんこさんがご自宅の蔵書の一部を運んで来て、毎月1回、公民館で多読の会が開かれる。ゆきんこさんのアドバイスなどを受けながら、面白そうな本を8冊まで借りることができる。1時半から4時半までオープンしていて、15人ほどの会員が自分の都合のいい時間に訪れる。

b0134988_11355252.jpg
◎本は、オックスフォードの外国人英語学習者向けのテキストや、英米の子供向け絵本や読み物、大人向けの小説など多様。私がアナスタシアのシリーズを気に入っていることをご存知で、何冊か持って来てくださった。早速第4巻を借りる。10冊以上シリーズがあることが分かって、わくわく。

まだまだ私は80万語、今年中には100万語を突破して、「100万語多読」の会の正規会員?になることができるだろうか・・・。
[PR]

by pataponm | 2008-10-13 11:35 | 英語  

道の駅、直売所、物産館めぐり ④隣町と、うちの庭

みかも山物産館めぐりに満足して帰路の途につき、自宅も近くなった辺りで、勢い余って隣町のJAにも立ち寄ってみた。
b0134988_9321377.jpg
◎JAあだち野 四季彩館直売所。自宅の近くにもJA直売所はいくつかあり、各農家ごとに梨やぶどう、キウイ、トマトなどの販売小屋、または無人販売所を設置しているところも多い。

b0134988_9425789.jpg
◎埼玉は関東の米どころだ。埼玉米各種をその場で精米して売っている。

b0134988_932458.jpg
◎「ぺらぺらうどん」という、2センチ幅くらいのうどん(360円)を買った。鍋物などに入れるらしい。じゃがいもはこれで100円だ。

b0134988_9372696.jpg
◎我が家の「そこだけ庭園」。ハーブ園にあったセージが家の庭にもあった(青い花の草)。

b0134988_9374075.jpg
◎もう一種は垣根の脇に。「庭からハーブをつんで来て、生葉のハーブティーを入れる」という憧れの情景を現実のものにしたが、入れてみたら苦くて飲めなかった。お茶にして飲むにはやはり本でも見て調合を覚えなくてはダメかな? 夕食にセージを刻んで鶏肉にすり込んで焼いたら、これはなかなかの味になった。

b0134988_9375055.jpg
◎うちの庭にだって、蝶は来るし・・・
b0134988_9375895.jpg
◎蜂も来るのです・・・
[PR]

by pataponm | 2008-10-12 09:28 | 近場のおでかけ・旅行