<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

母の遺したもの 母の味⑤

11月 朝鮮漬け 11月になって白菜が出回ると、母は「朝鮮漬け」を作った。白菜は「花芯」という、一足早く出回ってすぐになくなる品種でなければ駄目だそうで、花芯が出るとすぐに何株も買い込んだ。
「朝鮮漬け」と呼んでいたが、今ならキムチだろう。でも、韓国直送のキムチとは似て非なるものだった。だいたい色が白く透きとおっていて赤くない。韓国の粉唐辛子ではなく、鷹の爪を薄く輪切りにして使っていたためだろう。
「アミの塩辛は絶対入れなきゃ。」と言って、上野のアメ横までわざわざ買いに行っていた。その他、人参、ネギ、生姜、にんにく、桜海老・・・などが入っていたように思う。キムチより酸味が強く、日がたつと発酵してサイダーが発泡しているような食感がたまらなくおいしかった。10日ほどで味が変わってしまうので、一冬に何度か作っていた。正月も過ぎ、余った餅を揚げ餅にして大根おろしの上に乗せ、しょうゆと朝鮮漬けの汁をかけて食べる、あの味を思い出すと、今でも口の中につばが湧いてくる。

朝鮮漬けの他に、白菜漬けも桶いっぱい作った。にんにくと唐辛子を間にはさんで、ざっくり切った株のまま漬ける。1日でびっくりするくらいの水が上がって来た。白菜の芯のところが飴色に透きとおってきたころの白菜漬けは、朝鮮漬けにはないシンプルなうまみで、それだけでご飯が何杯でも食べられた。

===============================================
織りと人形作りと編み物だけでは飽き足らず、母は小さな「浮気」を何度かした。テキスタイルの個展を2度も開催して母が織りをする人だということが知人の間では広く知れ渡っていたころ、客に来た方が
「今は何を作っていらっしゃるんですか?」と聞いた。母は、
「今、これよ。」と言って、大きな木の皿を指差した。皿の上には何も乗っていない。客が怪訝そうな顔をすると
「一刀彫りよ。」と、得意そうに言う。いろいろな彫刻刀を使い分けず、たった1本の刀で作品を彫り上げる一刀彫りが好きで、娘の初節句にも一刀彫りのお内裏様を買ってくれた。それを、今やっているというのである。刀も出して来て見せていたが、道具や材料には金を惜しまない母らしく、銘の入った大変高価なものだった。
父は常々、そんな母を「移り気すぎる。あれじゃ、趣味の域を出ることはできないんだよ」ということを批判的に言っていた。私は、それぞれの領域が、趣味以上のものになっていて、個展などでは次々と売れて評判になるほどなのだから、いいじゃない、と思っていたのだが、そのときばかりは脇で見ていてさすがに「ちょっとなぁ~。」と呆れる思いだった。
一刀彫りはしかし、その「何も乗っていない大皿」1点で終わったようだ。(あの高価な刀はどこへ行ったのだろう)
次に「浮気」したのがビーズ織りだった。

b0134988_17581541.jpg
◎ビーズ織りのネックレス。カード織りとも言っていた。いくつも穴の開いたカード型の道具に糸を通して、織るように作っていた。歳をとって、大きな織り機で敷物などを織るのが大変になったから始めた、というのが理由だった。

b0134988_102145.jpg
◎ブローチ2種。セーターの胸元などにつけると引き立つ。

その他、ハンドバッグや財布など何点か作ったが、テキスタイルの膨大な作品数には比ぶべくもない。
ビーズ織りもやらなくなってほどなく、織りはもうやめたと言って、6畳の母のアトリエを占領していたスウェーデン製の織り機や糸紡ぎ機など一式を造形大に寄付してしまった。
[PR]

by pataponm | 2009-02-25 17:58 | 母の遺したもの  

くつろぎ猫 と まどろみ猫

眠り猫を2匹作った。くつろぎ猫とまどろみ猫。目を細くしているので難しい猫の目に苦労しなくて済む。
これに熟睡猫を加えれば、「眠り猫三大姿態」が完成するだろう。猫はこの三つの姿態で1日の21時間くらいを過ごしている。
b0134988_1723516.jpg
◎くつろぎ猫。骨組みを作ってからポーズを作るのは意外と難しい。
眠っているのではないが、覚醒しているわけでもなく、座禅を組む僧侶と同じような心境なのではないかしら、と思う。脳にはアルファ波がいっぱい出ているのではないかという気がする。

b0134988_17235826.jpg
◎まどろみ猫。前足も後ろ足もしっぽも、体の下にしまいこんで卵のようになってまどろむ。あまりしまい込むと、手抜き人形のようになるので前足の一部としっぽを付けた。
眠りはかなり深くなりつつあるが、そっと首をなでるとゴロゴロいったりする。熟睡するとゴロゴロもなくなるのだ。

b0134988_17241237.jpg
◎顔がうまくできなかったので(線の目は、それなりにまた難しく、マンガチックになってしまったりする)、後ろから見た方が感じが出ている。芯なしで初めて作った。マシュマロのように軽く、どこかに重しを入れたいくらい。羊毛師匠のMちゃんに教わった「ふわもこテク」で、体の模様を入れてみた。
[PR]

by pataponm | 2009-02-23 17:23 | 羊毛ドッグ・クラフト  

ピュア・ブリランテ

今日は、一期一会のお遊びカルテット。
音楽仲間のYさんとEさんが、月に1度、第一バイオリンとチェロをゲストに招いて、自分たちはそれぞれ第二バオリンとビオラを受け持つという変わった企画のカルテットだ。私は今回で3回目、あまり弾く機会のない第一バイオリンを弾かせていただいた。
曲は、モーツアルトの弦楽四重奏曲「プロシア王1番」と、ブラームスの弦楽四重奏曲第1番。
チェロは、3回とも違う方だが、今回のTさんも素晴らしい技術の持ち主で、私と同じアマチュア音楽家団体に属しているのに今まで名前を聞いたことがないのが不思議だ。仕事が忙しくて、活動する暇がないと言う。あまりにももったいない。
YさんもEさんも、進んで内声を受け持つだけあってアンサンブル慣れしていてスコアが頭に入っているので、私がよれよれ弾いても完璧にサポートしてくれる。そして何より皆さん音程がいいので、一度きりの合わせとは思えないほどのアンサンブルを楽しむことができた。

もう一つ収穫があった。
ビオラのEさんが、弦に妙なものを取り付けて弾いているので、聞いたら、「ピュア・ブリランテ」という、弦楽器の響きを良くする部品だという。見附精機工業㈱という、精密金属加工の会社が開発したものらしい。オーディオ製品なども作っている。
Eさんが、楽器に付けずに持っていたバイオリン用のラージというのを借りて弾いたら、突然鳴りが良くなった。楽器のグレードが1ランクアップしたみたい。「ここで買えますよ」とHPを教えてもらったが、「今、これを譲ってもらうわけにはいかないですか」と、無理やりEさんにお金を払って手に入れてしまった。
低音は深みが増し、E線の最高音は実音よりも弓がこする音のような雑音があったのに、すっかり消えて実のある美音だけが響くようになった。
何万円もかけて楽器を調性しても良くならなかった楽器の響きが、1個2500円くらいのこんな小さな部品一つで改善されるとは、驚きだ。
ただ、Eさんによると、全く変化を感じないという人もいるそうだ。トラブルを全く抱えていない高価な楽器には必要ないのかも知れない。

ちなみに、この会社はチェロのエンドピンも作っていて、さきごろ米アカデミー賞を受賞した「おくりびと」の本木雅弘も、映画の中で使用していたそうだ。

b0134988_15183933.jpg
◎このような袋に入っている。ラージでも長さ2センチ程度だが、重量は大きさの割りに重い。

b0134988_11224693.jpg
◎ピュア・ブリランテ バイオリン用のラージ。溝が微妙に曲がっているので取り付けても落ちることはない。

b0134988_11231868.jpg
◎楽器に装着したところ。G線に付けただけで、全部の弦の響きが良くなった。
[PR]

by pataponm | 2009-02-22 15:18 | 音楽  

バレンタインコンサート~バロック音楽の午後~

横浜の中学校のコミュニティハウスで、バロックのコンサートをした。この学校のコミュニティハウスは、独自にいろいろな企画をたてて、生涯学習の場として広く市民に開放している。囲碁サークル、フラワーアレンジメント、パソコン講座、リラクゼーション体操等々・・・。放課後は固く校門を閉めて部外者を中へ入れないというのが今どきの風潮なのに、珍しいことだ。
その活動の一環として、今回のコンサートが企画された。

コレルリ : コンチェルトグロッソ ニ長調
パーセル : シャコンヌ
ヴィヴァルディ : ヴァイオリン協奏曲 ホ長調 「恋人」
パッヘルベル : カノン
J.S.バッハ : ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV 1048

というプログラム。全部で1時間程度のミニコンサートだ。
指揮とチェンバロは、ピアニストの平沢匡朗先生。
オーケストラは、先生のお名前にちなんだ「チェンバーオーケストラMASA」という名前で出た。

b0134988_1047455.jpg
◎コミュニティハウスのホールで演奏。リハーサル前、平沢先生がチェンバロの調律をしている。
ホール手前に椅子を並べ客席とした。開演40分も前からお客様が入り始め、予備の椅子も全部出す満員になった。コミュニティハウスの活動が、市民の関心を集めていることを感じる。
小さな子供たちも何人かいて、皆最後まで静かに聴いてくれた。子供たちは、終演後、初めて見るであろうチェンバロの周りを取り巻き、先生から「弾いてごらん」と言われて、不思議な鍵盤のタッチと音色の楽器を珍しそうに弾いていた。

b0134988_10491941.jpg
◎フラワーアレンジメントの先生方が、会場に花を飾り、指揮者とソリストのために胸に飾るブーケを作って、文字通り演奏に花を添えてくださった。
[PR]

by pataponm | 2009-02-21 10:47 | 音楽  

アマチュア室内楽公開クリニック&コンサート

2日にわたって行われた「アマチュア室内楽公開クリニック&コンサート」に参加した。
1日目は、「クライネス・コンツェルトハウス」のメンバーによる指導で室内楽のレッスン。公募によって選ばれたアマチュア音楽家たちがステージやリハーサル室で国際的に活躍する演奏家の方々からレッスンを受けた。
b0134988_167133.jpg
◎会場の「葛飾シンフォニーヒルズ」正面玄関。モーツアルトの像がある。

b0134988_1672644.jpg
◎入口に張り出されていたポスター。
私は、1日目のクリニックでは、固定メンバーで5年ほど続けている「サニーデ・カルテット」の第二バイオリンとしてレッスンを受けた。講師の先生はチェロ奏者の小澤洋介先生。曲は、ベートーベンの弦楽四重奏曲op.130 第一楽章。
「モーツアルトは、f (フォルテ)のところに言いたいことがある。ベートーベンは、p(ピアノ)になったら何かある。」という言葉が印象的だった。クレッシェンドしたかと思うと急にピアノ、出したと思うと引っ込める、不安定で不自然なようだが、ベートーベンにとってはそれが自然な流れ、必ず到達点に導いてくれるので、曲をよく理解して構築して演奏することが大事、というお話だった。

b0134988_1673352.jpg
◎ステージでの公開クリニックの様子。
2日目は、このステージでコンサートが開かれた。夫(クラリネット)、私(ビオラ)、娘(ピアノ)の「アンサンブル・スーパーファミコン」で、ブルッフの「8つの小品」から第2曲と第5曲を演奏した。アンケートに「家族アンサンブル、素晴らしかったです!」と書いてくださった方もあったが、あとで録音を聞いたら、私が1拍ずれたまま8小節間も弾き続けているところがあった!クラリネットとビオラのおっかけ掛け合いのようなところなので、演奏中微妙な不協和音が気になったものの、誰も気付かなかった。今までの練習でも一度もなかったありえない失敗。へこんだ。
[PR]

by pataponm | 2009-02-17 16:08 | 音楽  

ステラ・クラシック・コンサート

川越のレストラン「ステラ」のディナー・コンサートで演奏した。
演奏曲目は、モーツァルトの弦楽五重奏曲ハ長調K.515 、ブラームスのクラリネット五重奏曲op.115 の2曲。
お食事をしながら聴いていただくのに、こんな重量級のクラシック音楽でいいのだろうか、と心配になるが、お客様のご要望なのだそうだ。今日もほぼ満卓の予約が入っているという。

リハーサルの前に、まずお店のランチを味わった。
b0134988_11201451.jpg
◎チキンと菜の花のグリル。松の実が散らしてある。醤油テイストでとてもおいしい。マスターの話では、サラリーマンの常連客にご飯を食べていただこうと、いつもランチのメニューの1品は和風味にしているそうだ。サラダにマスタード味の野菜があった。スープ、ライスまたはパン付きで680円。100円でコーヒーがつく。この味でこの値段はありえない。

2時でいったん店を閉めて、1時間半ほどリハーサルをした。
4時過ぎると、もうお客様が入り始める。まさかと思ったが、ディナーの予約客だという。
5時からディナーが始まり、演奏は6時から。1時間も食事だけしていたら、お客様、食べ終わって帰ってしまうのでは・・・? ほんとに聴いてくれるのかな~、早く弾いてしまいたいよ~、と待っている間だんだん心細くなってくる。
6時からモーツァルトを弾き、30分の休憩後、ブラームス。1曲30分以上の曲なのに、みなさん、食事の手を休め、静かに聴いてくださり、演奏が終わると、にこにこして拍手をしてくださる。有り難い。
アンコールは、ブラームスのピアノ曲「6つの間奏曲」から1番、クラリネット五重奏曲用に編曲したものを演奏した。これは、2年前に2曲のクラリネット五重奏曲を演奏したコンサートを開いたときに、音楽仲間の「げんさん」が編曲して好評だったものだ。

温かい拍手をいただいて控えに入ったら、マスターが「また同じ編成で聴きたいと、もう6人が予約を入れて行った」とおっしゃるではないか。
さっそく、次のディナー・コンサートの日程が5月23日と決まってしまった。

お客様が帰られたあとで、マスターの特別サービス料理。デカンタで赤と白のワインも出た。

b0134988_11203031.jpg
◎右の皿は、本まぐろの燻製。まぐろが燻製になるとは。スモークサーモンに似た味だが、やはりまぐろだった。珍味。

b0134988_11203891.jpg
◎豚の耳(?)のゼラチン質で固めたテリーヌ。パセリを大量に使っているそうだ。

b0134988_11204681.jpg
◎こちらはゼラチンで固めた2種類のジュレ。内側が海老、外側はあさり。
[PR]

by pataponm | 2009-02-10 11:21 | 音楽  

のらねこウォーク 

「世界の猫」などのタイトルで出版されている本には、純血種のセレブ猫たちの写真がたくさん載っている。ポーズも愛らしく、スタジオで撮っているせいか、目も大きくうるうるとしていて、糸のように細いネコ目ではない。
でも、そこらを歩いている猫を見ると、もっと野性味に満ちている。歩くときは首をぐっと前に突き出す「のらねこウォーク」だ。
そんな猫を作ってみた。
b0134988_15593493.jpg
◎のら猫のしっぽは、だんご型だったり曲がっていたりで優雅とは言いがたい。首を前に出して、用心深く歩いている。

b0134988_160369.jpg
◎うちで飼っていたネオは、夜こんな顔をしてふとんに入って来ようとした。「ほら、おいで。」と、ふとんの端を持ち上げてやると、そろり、そろり、と、中をうかがうようにして入って来る。毎晩のように入れてやっているんだから、嬉々として飛び込んでくればいいのに、じれったい。
鼻先を少しいれて、さらに首を低くしてまた、そろり、そろり。その間ずっとふとんを持ち上げているので、冷たい空気が入り込み、だんだん寒くなってくる。
「もう。入ればいいでしょっ!」と、両手でつかんで荒っぽくぐいっと引きずり込む。
それはそれでいいらしく、ネオは別に抵抗するでもなく、ふとんの中でもうゴロゴロ言っている。
ヘンなネコだった。

b0134988_1615273.jpg
◎のら猫ウォークで遠ざかって行く。

b0134988_1691242.jpg
◎もう一つ、「乙女ちゃん」を作ったときのポーズを思い出して、黒白ねこ。こちらは信頼のポーズだ。でも案外、「何かおいしいものくれるのかな。」程度のことしか考えていなかったりする。
[PR]

by pataponm | 2009-02-06 16:13 | 羊毛ドッグ・クラフト  

母の遺したもの 母の味④

10月  栗  栗も、栗林が近所にあったので八百屋からは買わなかった。虫食いの栗が結構あったが、「あたりまえ」と思っていた。八百屋の栗には何故虫がいないのだろう。卵1ぴき産み付けられないようにするため、いったいどんなことをしているんだろう・・・、と却って考えてしまう。
買って来て時間がたつと虫食いがどんどん進むので、すぐに茹でた。食卓の中央に茹でたての栗をザル一杯置き、家族全員がナイフを手に自分でむきながら食べたものだ。
夫は、栗を食べるとき歯でかち割った、と言う。歯で2つに噛み割って、実をもみだしたり吸い出したりして食べるのだ。私はやはり栗を壊さないようにきれいにむいて、ほっこり丸ごと口に入れるのがおいしいと思う。

栗ご飯 栗ご飯を作るためには生の栗をむかなければならない。よく手伝わされて、少しも楽しくなかったのを覚えている。栗をむくのは、りんごの皮むきとは比べものにならないくらい苦労だ。茹でた栗の皮は生よりは柔らかく、第一、むいたご褒美に口に入れることができる。栗ご飯の準備は、むいた栗がすぐには自分の口に入らないのだ。
でも、酒、塩を加えて炊いた栗ご飯はおいしかった。

栗の渋皮煮 これも生栗をむくのだが、栗ご飯の栗をむくより遥かに技術を要する。
栗の渋皮を残して、鬼皮だけをむくのだ。渋皮にピンホールでも傷が付くと、煮崩れてしまう。
重曹小さじ1入れたたっぷりの湯で30分くらい茹でて、そのまま1晩冷ます。渋皮に傷がつかないように1つずつ取り出して、楊枝で渋皮のひだについている筋を取る(渋皮に穴が開かないように!)。そのあと水から茹で取り出す・・・を3回繰り返す。最後に栗の分量の半分の砂糖を入れ水から煮る。そのまま1晩冷ます。母は「3日がかり」と言っていた。どの工程でも、渋皮を傷つけないように細心の注意を払うのは言うまでもないが、それでも3分の1くらいは崩れてしまった。
うまくできたものは、和風マロングラッセと言いたいくらいおいしい。

なめこ・しいたけ  山が多く日当たりの悪い土地柄、しいたけの栽培も盛んだった。母の好奇心は留まるところを知らない。しいたけとなめこの菌をわけてもらって、木に植え付けて栽培を始めた。暗いところに置いておけば、それほど苦労せずに育つらしい。でも育ちすぎて、なめこはいつも笠の直径5センチくらいのが味噌汁に浮いていた。
「小さいうち採るのがもったいなくて畑に置いとくから硬くなる」と、農家のおじさんに文句を言っていた母だが、小粒のうちになめこを採るのがもったいなかったのではないかしら。
「味は変わんないよ」と、農家のおじさんと同じようなことを言っていた。
さすがにキノコ類は続かず、お化けなめこ攻めは一秋で終わった。

b0134988_11112240.jpg
◎初期の作品のショール。1回目の作品展のときに出品して評判だった。私の会社の仲良しグループを連れて行ったら、皆独身貴族だったせいか、5人が全員買ってくれた。会社の昼休みに、5人グループが、少しずつ色と模様の違う豪華なショールを首に巻いて、横並びで歩いてランチを食べに行く姿は、しばらく話題になったものだ。

b0134988_11113346.jpg
◎1本25000円くらいの値段を付けていたのではないかと思う。しかし、それでも「時給200円」というくらい手間のかかる模様で、あまり大変なので、母は以後二度と同じものを作らなかった。

b0134988_15594866.jpg
◎ショールは、服との合わせや巻き方などが難しいので、つい、コートにマフラー押し込んで出掛けてしまったりして、このショールの出番があまりない。
最近娘が目をつけて、うまく着こなしている。「欲しい。」「ダメ。」の攻防である。
[PR]

by pataponm | 2009-02-03 11:13 | 母の遺したもの