<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ステラディナーコンサート

川越の「レストラン ステラ」のディナーコンサートで演奏をした。
このコンサートは、バイオリンのMご夫妻を中心にもう10年以上続いているそうだ。私と夫が加えていただいてから今回で3回目になる。
今回のプログラムは
レイハ(ライヒャ):クラリネット五重奏曲変ロ長調
ブラームス:弦楽五重奏曲第2番ト長調op.111

◎多いときで30名近いお客様が入るが今回は15名だった。「連休あとでボーナス前で土曜日」というのがよくなかった、というのがマスターの分析。不況とインフルエンザも多少影響しているかな ?
b0134988_945896.jpg


◎リハーサルの前にお店のランチを食べるのも楽しみの一つ。オーナーシェフが腕をふるった南欧風家庭料理が750円から1000円という値段で食べられる。私は「初夏トマトと自家製ベーコンのアラヴィアータ」を食べた。自家製ベーコンがとても美味しかった。
b0134988_9451840.jpg
夫が食べたのは「乳飲み子羊のグリーンサラダ」だった。オーナーが「その肉の羊は、おっぱいしか飲んでないんですよ」と言った。子羊の肉よりもっと幼い、母親のおっぱいしか飲んだことのない赤ちゃん羊の肉・・・。草をはむということも知らず肉にされてしまった・・・。
暮にこの店に来たときは「一頭撃ちの鹿」の肉というのを食べた。八ヶ岳に住む野生の鹿は年に何頭か駆除される。その鹿の肉を仕入れているというのだ。しかも、「狙いが外れて苦しむと肉が硬くなるので、一発で仕留めた鹿」なんだそうだ。
なんだかとても可哀想になってくる話を聞いてしまった。

◎演奏のあとは気前よく賄い料理がどんどん出てくる。天然酵母のパンも毎日お店で焼く。「酵母を変えてみた」ということだが、違いはよく分からない。噛み締めると、塩や砂糖の味でない「味わい」があるのが分かる。
b0134988_9462669.jpg


◎何皿も出て来た料理を自分の皿に取り分けたところ。ワラサ(ブリの幼名。)の燻製、ハムも自家製。あさりは客に出すブイヤベースが残った鍋で煮た「いわゆるほんとの賄い。」店の従業員が食べる賄い料理が本メニューに乗るということもよくあるらしい。かぶとソラマメは、こりこりした食感、マリネか ?
b0134988_946498.jpg


◎ぶつ切り鶏肉がごろごろ、ピーマン、タマネギなどの野菜がたっぷりのトマトスープ。
b0134988_9465927.jpg


◎「レストラン ステラ」のマスターシェフ。
今回も美味しいものをたくさん、ご馳走さまでした。
お店を手伝っていた息子さんが、秋からフランスに修業に行くそうだ。
b0134988_949385.jpg

[PR]

by pataponm | 2009-05-26 09:47 | 音楽  

座布団ねこ と ベビーベア

クラフトマーケットでオーダーをいただいた作品が2点完成した。

◎クラフトマーケット用に座布団にお座りしている猫を何点か作ったが、「シルバータビーのアメショー」をご希望の方がいて、オーダー品として作ってお送りした。
シルバーの色は白とグレーを混ぜて作り、タビーは、アメショーによくあるお腹の渦巻き模様で特徴を出した。高さ7センチほど。
b0134988_10182532.jpg


◎ベビーベア。楽器を弾くDUOベアを気に入って、友人の出産祝いに贈りたいとオーダーをいただいた。胸に赤ちゃんの頭文字 J を入れるというご注文。赤ちゃんだからと思って肉付きをよくしていったら予定より大きくなってしまった。高さ20センチ。
お友達はマレーシアの方だということで、このベビーベアははるばる海を渡ることになる。
b0134988_1030287.jpg


◎音楽仲間のWisteriaさんがクラフトマーケットに来て、ちびベアを買ってくださった。数日後、「お嫁入り」したちびベアの写真を送ってくれた。ウェッジウッドのデミタスカップの横に座っている。「玉の輿」だ。うちに戻って来たちびベアたちは、ダンボールの箱に放りこまれたままだからね。
b0134988_10303683.jpg

[PR]

by pataponm | 2009-05-19 10:18 | 羊毛ドッグ・クラフト  

家族でディナー

娘が初月給でご馳走すると言うので、ありがたく家族そろって食事をすることになった。
教員仲間というのは地元仲間でもあるわけで、「近所のおいしいお店」を聞いたら「出るわ出るわ」。しかも美味しいお店をたくさん紹介してもらったという。
そのお勧め店の一つ、「レストラン アドマーニ」北本店に行く。音楽の練習などで何回か行ったことのある北本市野外活動センターのすぐ近くに6年ほど前にできたそうだが、全く知らなかった。

◎夜に行ったので展望は分からなかったが、駐車場の方向に広く荒川が見渡せるらしい。今度は是非昼のランチ時に来なければ。
b0134988_1021258.jpg


◎サラダ、メインディッシュ、パン(ライス)、デザート、コーヒー(紅茶)のセット。まずはサラダから。
b0134988_1022289.jpg


◎娘の選んだビーフ(ロース)ソテー。きのこ、アスパラガス、揚げたたけのこのソテーが肉の下に敷いてある。
b0134988_1025047.jpg


◎私はビーフ(ヒレ)とフォアグラのソテー。フォアグラというものを食べたことがなかったのでこれにした。表面が香ばしく焼き付けてあるが、シャリッとはかなく砕けて中はとろり。「レバー」と思って食べたら予想よりずっと軽い風味で、それなのにこってりしていた。
b0134988_103211.jpg


◎デザートのショートケーキ。丸いホールケーキを切るのではなく、大きなトレーに作ったものをスプーンで取り分けるらしい。
b0134988_1031710.jpg


◎ブルーベリーのムース。
b0134988_1032456.jpg


娘に支払ってもらうのは、何となくくすぐったい。
「食費も入れる」と言って、いくらかの現金もくれた。来月以降も続くのかな・・・? とかすかに疑念を抱きながらも、「子供が社会人になって独立したんだなぁ」と、しみじみ思った。

子供一人育てて何千万、とよく言うが、娘にはいったいどれだけ掛かったんだろう。
生まれてから1年間は、完全母乳、布おむつ、服は全部親戚や友人からのお下がりだったので、「赤ちゃんて、タダなんだ。タダでこんないいものが手に入るんだ~」と感動した。
それでも、人並みにピアノを習わせたり楽器を買ったり塾に通わせたり・・・、徐々にお金も掛かるようになって最後の大学は相当厳しく、「これがあったか」と冷汗の出る思いだった。
そして大学卒業後2年目にして教員に。
「肩の荷が下りる」ということをまさに文字通り実感した。独立した社会人になる、ということは、卒業、成人とはまた一味違う感慨がある。
[PR]

by pataponm | 2009-05-19 10:10 | ランチ・ディナー  

栃木の野菜を使って

葉付きの人参なんて普段は買えないから、栃木で買って来た人参は葉っぱも食べてみることにした。
八百屋のお兄さんは「天麩羅にするとおいしい」と言っていたが、他の具をそろえるのも揚げるのも面倒だったので煮付けにした。

◎葉付きの写真を撮るのを忘れて、切り落としてから撮った。
b0134988_10265898.jpg


◎こんにゃく、さつま揚げと一緒にごま油で炒め、ピリ甘辛の味付けで煮る。人参の葉は柔らかくはならず、しゃきしゃき、もそもそ感が残った。夫は山菜のようで、これはこれで美味しいと言っていたが、あとで調べたら、食用にする人参の葉は、根が太りだす前に収穫するらしい。
b0134988_102795.jpg


◎のらぼう。実家にいるころ地元の野菜としてよく食べた。「野良にぼうっと生えている」という意味からこの名になったらしい。やせた土地で手間もかけずに育つ野菜なのだろうか。食感は菜花に似ているが、母は「茎の方が柔らかいからのらぼうは葉からゆでる」と言っていた。
こののらぼうは細くて茎が硬く、記憶にあるのらぼうとはちょっとちがった。
b0134988_1027187.jpg


◎それでも、昔よくやったように辛し和えにした。あまり柔らかくなかったが独特の甘みはのらぼうのものだった。
b0134988_1027272.jpg

[PR]

by pataponm | 2009-05-18 10:27 | 料理  

栃木市散策

4月最後の日曜日、夫と栃木へ遊びに行った。数年前までは休みとなれば車に折りたたみ椅子やテーブル積み込んで一家4人が一丸となってあちこちに行ったものだが、今は子供たちはそれぞの予定で忙しい。夫婦二人の散歩が最近の休日のスタイルだ。

ゆっくり出たので、栃木市に着いたらお昼時だった。駐車場でここに入ればタダになると聞いて「太郎庵」という蕎麦屋へ。
◎太郎庵入口。
b0134988_1243876.jpg


◎蕎麦は細い麺だった。
b0134988_11525222.jpg


栃木市は、「蔵の街」ということで、古い家や街並みを大切に保存している。川越に似た蔵のある古い家が多く、川越と同じく「小江戸」と称している。
川越で保存されている街並みが、幾筋かの通りに限られているのに対して、栃木は町全体の中に点在しているように感じる。
◎蕎麦屋から表通りに出たところ。この辺りは土産物屋や食事処が並び、蔵の街観光の拠点とされているらしい。
b0134988_12111416.jpg


◎街のところどころに古い家並みが残っている。
b0134988_12113445.jpg


◎左のれんが作りの建物はギャラリーとして使われているようだ。
b0134988_12114685.jpg


◎街の中心を貫く巴波(うずま)川の上には、無数のこいのぼりが泳いでいた。観光舟は1回300円と安い。女性の船頭さんが舟歌 ? を歌っていたが低い落ち着いたいい声で、土手を舟と同じ速さで歩きながらしばし聞き惚れてしまった。
b0134988_11573779.jpg


◎栃木市役所別館。夫が足を止めてしきりに懐かしがっていた。故郷の山形にあった役場にそっくりで、よく遊んだそうだ。ある日無残にも壊されてしまったとか。
b0134988_1158833.jpg


◎開業医の建物も、古く風情がある。
b0134988_1158326.jpg


◎これは八百屋。
b0134988_11585330.jpg


◎八百屋の内部。新鮮で安い地元でとれた野菜を売っていた。葉付きの細い人参や、菜花に似た野菜のらぼうを買った。
b0134988_1159569.jpg


◎お菓子屋さん。家が魅力的だとつい入ってみたくなる。
b0134988_1159161.jpg


◎菓子屋の内部。端午の節句らしい和菓子が並ぶ。練り切りをいくつか買い、中に休めるスペースがあったので柏餅を2つ買って食べた。
b0134988_11592448.jpg


◎荒物店。
b0134988_123127.jpg


◎肥料店。看板がいい。
b0134988_1232510.jpg


街のどこへ行っても、観光地として活性化させようという人々の気概を感じた。店に入ればお店の人は感じがよく、一生懸命だ(陶器屋に入ってお茶と菓子が出てきたのはちょっと困ったが)。

◎帰りに大平山に寄り、展望を楽しむ。
b0134988_1233887.jpg


◎夫が東京が見えるというので、カメラのズームを最大にして見当をつけてシャッターを押したら、画面からはずれそうなところに新宿のビル群が写っていた。
b0134988_1235166.jpg

[PR]

by pataponm | 2009-05-11 12:15 | 近場のおでかけ・旅行  

OZONE クラフトマーケット2009 大盛況

OZONEクラフトマーケット2009が、大盛況のうちに終了した。
4月29日から5月10日までの開催期間に、のべ270組の作り手が4期に分かれて作品を展示即売するOZONEクラフトマーケット。
私とつちままの「オリンーワンコ!&オンリーニャンコ!」は、5月5日から5月7日までの3日間、展示した。

◎会場になった「リビングセンターOZONE」の入っている新宿パークタワー。真下から撮ったので分からないが、おそろいの三角屋根のビルが3棟並んで建っているのが特徴的で、遠くからでもすぐ見つけることができる。新宿駅西口から出ている、ホテル街をぐるりと回る100円の循環バスで3日間通った。
b0134988_11274250.jpg



◎リビングセンターOZONEは高級家具を扱う店。普段の売り場はそのままに、4階から7階までのフロアに展示のブースを出す。私たちは7階だった。本当にたくさんの人が立ち寄って下さった。手前から2つ目が「オリンーワンコ!&オンリーニャンコ!」のブース。
b0134988_1128129.jpg



◎ブース正面。つちままの展示作品はてのひらサイズの羊毛ドッグ。隣りの私の羊毛キャットたちが異様に大きく見えた。かわいいレトリバーの10倍の大きさの三毛猫とか・・・。一昨年つちまま宅に押しかけ弟子入りして教えていただいたときには、確かにミニサイズの物を作っていたのだが・・・。
b0134988_11282436.jpg



つちままの展示台はレイアウトが洗練されているのに対し、私の展示台は「猫の満員電車」みたい。

◎台の左半分。肉球ストラップや紙バサミなど小物はよく売れて、作って行ったものは完売、店番しながら作り足したものも売れた。
b0134988_17365495.jpg



◎台の右半分。セレブ猫は高台に、のら猫たちは野原風の布を敷いて各々くつろいで・・・とレイアウトを考えていたのだが、いざ並べたら隙間なし。犬も持って行ったのに並べる場所もなくなってしまった。
無理に並べて「満員電車」になってしまったが、犬の売れ行きの方がよかったので並べてよかった。
b0134988_17371134.jpg
つちままの作品を撮るのに夢中になって、自分の作品を撮るのを忘れてしまい、以上2点の写真は、つちままが撮ったのを送ってくれた。


以下は、私が撮ったつちままの作品ギャラリー

◎つちまま作・愛くるしい「おすましドッグ」たち。こけしタイプの様々な犬種のワンコたちがつぶらな目で一斉にこっちを見ている。「きゃー、かわいいー」という歓声と共にたくさんの女性たちが足を止めた。ご自分のペットと同じ犬種を見つけて「〇〇ちゃん~」と呼びかける人もある。やはり犬や猫を飼っている人が寄ってくれて、「こんなの飼ってるんです」と定期入れに入れた写真や携帯の待ち受けにした写真などを見せてくれる人も多く、つい話がはずみ、私たちのブースはいつも賑やかだった。
「私は猫派です」と言って私の展示をいつまでも眺めて「そうそう、こんな格好するんですよね~」などと話し込んでくださる人もいた。
b0134988_11291142.jpg



◎つちまま作・ポージングドッグ。おすましドッグは芯を入れていないが、これはワイアーを入れてあるので買った人のお好みでお座りなど好きなポーズをとらせることができる。元気な男の子が「オレこれ。」と迷わず柴犬を指差し、お父さんに買ってもらっていた。
b0134988_11294912.jpg



◎つちまま作・「ワンコ no ハンコ」。つちままはネーミングの才能もある(オンリーワンコのネーミングもつちまま)。これは、シャチハタなどのハンコにかぶせて玄関などに置けるようにしたもの。
b0134988_1130663.jpg



◎つちまま作・スイーツドッグ。おいしそうだがこれは針山だ。スフレやプリンなどを作るのに使うココットにスイーツのような色の羊毛を詰め、いちごやキウイをあしらい、ワンコの顔を覗かせる。紙製の卵容器に入れて並べたら、初日開店後2時間で完売した。
b0134988_11302490.jpg



お客様の反応を見たり感想を聞かせていただいたり、他の出品者の作品を見て歩いたり、大いに勉強になった。実りの多い3日間だった。

◎午前10時30分から午後7時までの展示時間もあっという間。1日が終わってつちままと軽く食事を食べて帰る。疲れた体にお寿司がおいしかった~。
b0134988_17474882.jpg

[PR]

by pataponm | 2009-05-08 11:34 | 羊毛ドッグ・クラフト