<   2010年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

レイ・チェン ヴァイオリン・リサイタル

b0134988_160659.jpg
(写真はコンサートの案内ちらしより流用)

若手ヴァイオリニストのレイ・チェンのリサイタルのチケットが手に入ったので、トッパンホールに聞きに行った。
1989年生まれの20歳。2008年ユーディ・メニューイン・ヴァイオリン・コンクール優勝、2009年エリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝という経歴を持つ。プログラムのプロフィールには、生まれた年だけ書かれていて、どこ生まれの何人か、書かれていなかった。ネットで調べたら台湾系オーストラリア人だそうだ。ヴァイオリンはアメリカのカーティス音楽院で学んだ。

プログラムは

タルティーニ(クライスラー編):ヴァイオリン・ソナタ ト短調「悪魔のトリル」
フランク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ イ長調
バッハ:シャコンヌ
ヴィエニャフスキー(ティボー編):エチュード・カプリース op.18第4番
ヴィエニャフスキー:伝説 op.17
ヴィエニャフスキー:創作主題による変奏曲 op.15

ニューヨーク在住のtamaちゃんがブログに紹介していたレイ・チェン リサイタルと全く同じプログラムのようだ。

レイ・チェンのヴァイオリンは、とても美しく澄んだ音色で、弱音になればなるほど伸びていく美音が素晴らしい。
彼は、2009年、ニューヨークの国際アーティスト・オーディションに優勝して1721年製ストラディヴァリ「マクミラン」の貸与を受けた。さらに日本の音楽財団から1708年製ストラディヴァリウス「ハギンズ」の貸与を受けている。この日のリサイタルでは、どちらのストラドを弾いたのだろう、興味のあるところだ。
レイ・チェンは、タルティーニとフランクという国も時代も全く違う二人の作曲家の曲を、ほとんど同じ音の出し方、奏法で弾いた。
バロックを専門とする演奏家の弾くタルティーニ、フランス人の演奏家の弾くフランク、おそらく彼の演奏は、それとは違うものだろう。その是非はともかく、限りなく美しく爽やかな演奏だった。

ピアノを演奏したのは、作曲を専門とする人だったが、徹底して独奏者を立てる奏法、タルティーニでは一音たりともヴァイオリンより先に音を鳴らさない。さすが音楽について知り尽くしている作曲家の演奏、と思ったが、次のフランクは全く歯がゆい演奏だった。
この曲は2楽章冒頭のピアノのソリスティックな部分でも分かるように、ヴァイオリンとピアノが対等にぶつかり合って作り上げて欲しい曲だ。それなのに、ピアノのふたを全開にしながらソフトペダルを踏んでいるのではないかと思うような抑えた音で、ヴァイオリンの後を背後霊のようについていくだけのピアノ。「隔靴掻痒」とはこのことか。

休憩はさんで、後半には短い曲が数曲並んだ。
前半にソナタ2つ、後半にアンコール曲に使われることもあるくらいのコンパクトな曲、アンバランスなプログラムをちょっと不思議に思っていたのだが、演奏を聴いてその理由が分かった。
レイ・チェンはアクロバティックな超絶技巧を持ち味とするヴァイオリニストだったのだ。
息を呑むような速いパッセージを精密機械のように軽々と弾いてのけ、しかもフレーズの終わりの音がよく響くので、フレーズからフレーズへ息切れしながら綱渡り・・・という超絶技巧曲の演奏にありがちな危なっかしさが全然ない。
アンコールは、別のリサイタルでプログラムに組まれていたパガニーニの「カンタービレ」とサラサーテの「序奏とタランテラ」と、これまた超絶技巧の2曲。見事な名人芸を堪能した。
[PR]

by pataponm | 2010-01-28 16:00 | 音楽  

今日のタビィ <ストーブあったかい>

タビィは、8ケ月になった。体重はやっと3kgを越え、3.2kgになる。
食べることに興味のない子だったが、最近よく食べるようになった。毎朝エサを新しくすると、匂いを嗅ぐだけで遊び回っていたのが、すぐにペロりと平げてしまう。
「たんとお食べ~~。よく太るんだよ~~。」と、ヘンゼルとグレーテルに出てくる魔法使いのおばあさんのような心境で1日3回くらい与えている。

◎夫と一緒にストーブにあたる。
「これって、あったかい。」
b0134988_12443627.jpg


◎夫が話しかけると、ちゃんと顔を見上げて「にゃぁ」と返事をする。
b0134988_12444962.jpg

[PR]

by pataponm | 2010-01-25 12:43 | ペット  

今日のタビィ <戸を開けたい>

戸棚の中に興味あり。どこかの戸が開くとすっ飛んで来てするっと中に入ってしまう。この戸棚の中には古新聞が重ねてあるので特に入りたいところ。

◎「たしか、ここをこうしてた。知ってるんだ。こうすると、開くの。」
b0134988_12513656.jpg


◎「あれ? 開かないよ? あれ?」
b0134988_12514655.jpg


◎「中見たいよ~。こっから見えるかな。」
b0134988_12515869.jpg


◎「う~ん、見えない~。」
あ、足もとに注目。「懸垂」やって体が宙に浮いてます。
b0134988_12521266.jpg


◎「開かない~、開けたい~。くぬっ! くぬっ!」
このあと、くるくる回って顔をこっちに向けた状態で背中越しに開けようとしたり、パンチしたり引っ掻いたり・・・、爆笑ものの奮闘が続いたが、決定的瞬間を撮り損なった。
b0134988_12522293.jpg


◎「あ~ん、もう。なんで開かないの? もっと上の方やるのかなぁ。」
b0134988_12523127.jpg


◎「開けて。」
b0134988_12524348.jpg

[PR]

by pataponm | 2010-01-23 12:54 | ペット  

ある日の乙女ちゃん <日だまりでくつろぐ>

乙女ちゃんは、推定5歳で otomemama さんにもらわれて来た。乙女ちゃんを斡旋してくれた里親会を otomemama さんに紹介していただき、その縁でタビィがうちに来ることになった。乙女ちゃんとタビィは、同じお里の里子同士なのだ。

乙女ちゃんは、アメリカンショートヘアーの優美な猫。それなのに、ブリーダーから捨てられたという悲しい過去をもつ。
でも、otomemama さんにもらわれたおかげで、今や立派な邸宅の広いリビングを独り占めするという、正しい血筋にふさわしい優雅な生活を送っている。まさに猫のシンデレラストーリー。

乙女ちゃんは、おっとりとおだやかな性格だが、自分から人にすり寄って来たりひざに乗ったりの甘えはしない。だっこされるのも嫌い。5歳になるまでにどんな過去があったのか不明だが、持って生まれた性質なのかも知れない。
このごろは、そーっと近づいて首のあたりをやさしくもみもみしてあげると、すぐには逃げないでじっとしているようになった。でも「がまん」しているのかな? ゴロゴロいってくれたことはない。

◎オーケストラの練習に使わせていただいている広いリビングにぽっこりできた小さな日だまりをちゃんと見つけてくつろぐ乙女ちゃん。
b0134988_12471760.jpg


◎人におもねることなく、自分の世界をしっかりと持っている。
b0134988_12472645.jpg


◎でも、無愛想というわけでもない。カメラを向けたら、こっそりとウインクしてくれた・・・?
b0134988_1247356.jpg


◎お気に入りの籠。このままラッピングしてプレゼントにしたいくらい可愛い。
b0134988_12593511.jpg


◎乙女ちゃん、今日のベストショット。
b0134988_12481416.jpg

[PR]

by pataponm | 2010-01-22 12:46 | ペット  

羊毛キャットのヒゲは馬のしっぽ

ものすごく久しぶりに、バイオリンとビオラの弓の毛を替えた。
オーケストラのメンバーに、ご夫婦で楽器製作の仕事をされている方がいて、その工房へ行く。
知り合いのよしみ?で、古い毛をいただけないか、羊毛クラフトの材料に使うので・・・と、遠慮しながら聞いたら快くOKしてくださった。

◎新しい毛に張り替えられたバイオリンの弓と、取り外した古い毛。
ふつう廃棄してしまうものだが、袋に入れて用意しておいてくださった。弓の毛は白馬のしっぽの毛だ。これだけの毛があったら、300匹くらいの羊毛キャットができそう・・・。
b0134988_1655303.jpg

[PR]

by pataponm | 2010-01-19 16:54 | 羊毛ドッグ・クラフト  

今日のタビィ <タビィは午前中なにをするか>

タビィは深夜凶暴になるクセがあるので、ケージの中にタビィベッドを移動してそこで寝てもらう(そうしないと夜中に顔面を襲われる)。
早朝5時50分ごろ、中学校教師の娘が起きて来る。帰宅は夜遅く毎日大変なのに、シャワー、シャンプー、服選び、アイロンがけ、化粧と身支度に1時間以上もかけるのだ。
娘が起きた気配にタビィも目を覚まして、小さい声でミューミュー鳴いてケージの隙間から手を出して出たがる。開けてやるとすぐ私の指に吸いついて「おっぱいくちゅくちゅ」をやる。口が大きくなったせいか、うまく吸いつけなくなってきたのに一生懸命前足でもみもみしながら吸いつく。
私がトイレに立つとタビィは爪とぎをしたり、カリカリをちょっと食べたりして待っているが、またふとんに入るとするっと入って来て、体中響かせるほどの大きな音でゴロゴロゴロゴロいう。それから私たちは一緒に二度寝をする。早起きの娘には申し訳ないけど、これがなんとも気持ちが良いのだ。
タビィがふとんの中にいると起きるのがすごくつらくなるが、娘が出かけた7時過ぎに私も起きる。ふとんを上げると、下に敷いたマットレスにすかさずタビィが飛び乗ってくるりんくるりん、のびのび~をやる。

それから夫が起きて来て朝ごはんを食べていると、ひざに乗ったりテーブルの下から「ぽくぽく攻撃」したり、一緒にストーブにあたったりしてくつろぐ。
雨戸を開けるとすっ飛んで来てガラス越しに外を眺める。庭の木に来るカラスやシジュウカラをみつけると、長いしっぽを激しく左右にぶるんぶるん振って、上唇を震わせながら「ジジジジジジ」と言う。

家族がみんな出かけてしまうと、ゆっくりエサを食べて、おしっことうんちをして、箪笥の上に移動したタビィベッドにもぐりこんでうたた寝をする。そして昼すぎまで寝ている。

これがタビィの午前中の行動だ。
ビデオをリピートして見ているみたいに、ひとつの狂いもなく毎日同じ行動を繰り返す。猫は、こうすることで精神の安定を得ているのかも知れない。

◎みんな出かけたあと、あったかい部屋でうたた寝をするタビィ。ずぅーっと、寝ている。
b0134988_16531825.jpg


◎のびのびしすぎて手までのびちゃった。
b0134988_1653252.jpg


◎なが~い胴体。頭3つ分くらいが胴だったような気で見ると、あんまり長いのでびっくりする。
b0134988_16533581.jpg


それにしても、朝キッチンの方で身支度している娘の方に、タビィはけして近づかない。多忙するぎる娘はタビィにとって「よそのお姉さん」で、なついていなのだ。
休日など家族4人で食卓を囲むときも、テーブルの下で人のひざからひざへと移動して遊ぶタビィは、娘のひざにだけは行かない。ソファへ飛び乗ろうと走って行ってそこに娘が寝ていると、ピタッと立ち止まって娘の袖の匂いをちょっと嗅いだりして戻って来てしまう。
かわいそうな娘。
[PR]

by pataponm | 2010-01-18 16:52 | ペット  

ピアノの発表会

正月の5日に娘のピアノの先生の発表会があった。
午前は音大受験生たちの課題曲などを中心とした発表、午後はお菓子やジュースが出て小さい生徒さんや中高校生の発表や家族とのアンサンブル、夜はワインやチーズなどを楽しみながらの大人のコンサートと、一日がかりの発表会だった。

昨年は、家族のアンサンブルの部に夫、私、娘のトリオで参加、ベートーベンの「街の歌」第3楽章を演奏した。
去年1月4日だったのが今年は5日になったために夫は仕事始めで参加できず、今年はピアノトリオでメンデルスゾーンのピアノトリオ第1楽章を弾いた。チェロは、娘のボーイフレンドのT君。3回ほどうちに来てもらって練習をした。

娘のソロ演奏は夜の部で、シューマンのピアノソナタ第1楽章。
土日の休みもなく、多忙を極めた1年だったのに、わずかな隙を見つけては練習、レッスンを重ね、年末年始の猛練習(ご近所のみなさま、ごめんなさい)で、よくここまで弾いたと思う。

◎シューマンを弾く娘。なんとなく「子供の部」の中のお姉さんとして弾くような気がしていたが、もう社会人としてワインコンサートの部で弾くような歳だったのだ。
b0134988_16514655.jpg


◎音大に進んだ生徒さんは、お友達とフルートやホルンのアンサンブルなども聴かせてくれた。
b0134988_1651557.jpg


演奏後、ご家族全員で楽しいアンサンブルを聴かせてくれたグループの女の子とお母さんが近づいて来て「バイオリン、素敵ですねぇ」と声をかけてくださった。
女の子が、去年の私たちの演奏を聴いて気に入り、クリスマスにサンタさんにバイオリンをお願いしたのだそうだ。
「それで、サンタさん、来たの?」と女の子に聞くと、うん、うん、と嬉しそうにうなずく。
私のつたない演奏でも、それがきっかけになってバイオリンを習うことにしたなんて、なんとも嬉しい話だ。(去年弾いていたあれは、実はビオラなんだけど・・・まあ、そんなことはどうでもいい。)

◎T君のご両親にいただいた花束。花の匂いを嗅ぎにタビィが寄って来た・・・
b0134988_1652286.jpg


◎・・・と思ったら、ぱくっ、ぱくっ、と食べ始めた。くいついてはちぎろうとして引っ張るので、とうとう瓶を倒してしまった。
b0134988_12422649.jpg

[PR]

by pataponm | 2010-01-17 16:51 | 音楽  

今日のタビィ <タビィのお願い>

◎「タビィ、言いたいことがあるんだけど。」
b0134988_16491882.jpg


◎「これこれ。ここに書いてあること・・・」
b0134988_1649265.jpg


◎「こう、読んでくれる?」
b0134988_16493483.jpg


◎「ね? 分かった? タビィのとりあつかい、げんじゅーにしてね!? こわれものなんだから。」
b0134988_16494124.jpg

[PR]

by pataponm | 2010-01-16 16:49 | ペット  

100万語達成

b0134988_17132473.jpg2006年の暮に始めた「英語100万語多読」、カメの歩みよりもっとのろいカタツムリの歩みでついに100万語を達成した。
1冊の語数500語の絵本から、9万語のペーパーバックまで、読んだ冊数は83冊。音楽の練習に行く電車内とか寝る前のふとんの中とか、多忙の中限られた時間で読んだ割にはよく読んだものだと思う。

リーダーのゆきんこさんは、一度蔵書を整理したいということで、多読の会はしばらくお休みすることになった。でも、以前自分で買った本や友達が貸してくれた本などを今までと同じようなペースで読み続けて行こうと思う。


100万語達成は、ジャクリーヌ・ウィルソンの「The suitcase kid」だった。
ジャクリーヌ・ウィルソンは、死んだ猫をミイラにしようとする話や、孤児院に暮らす親のない子の話など、「きもかわ(いそう)」な話が多い。
でも、いい子の出てくる「ほのぼのまったり」系の正しい児童書より私の趣味に合って?いるので、何冊か読んだ。

「The suitcase kid」は、両親が離婚した女の子が主人公の物語。児童心理カウンセラーから、どちらかの親の家で暮らすことを勧められたが拒否し、2週間ごとに両方の家を行き来する生活を選ぶ。しかし、父も母も新しい相手と結婚して、それぞれの家庭を築いているのだ。どちらも相手の連れて来た何人かの子供がいて、父の方には新たに赤ちゃんも生まれようとしている。
そんな二つの家庭を、少女はスーツケース一つ持って行ったり来たりするのである。
まま子にいじめられたり、スクールバスが一緒にならなくなったというだけでクラスの親友が離れて行ったり・・・。少女は心を固く閉ざしてぬいぐるみのウサギだけを友とし慰めとする。
とまあ、かなり悲惨なストーリー。救いは、実の両親がどちらも少女を深く愛していることで、そのために激しい喧嘩をしたりする。
この物語はもともと「うるわしい」愛の物語ではないから、少女の熱い願いにほだされて、両親は仲直りし、三人はまた一緒に暮らせることになりました、めでたし、で終わるわけはなく、逆に、どんなに願っても二人がまた一緒になることは決してないということを少女は最後には悟ることになる。
でも、父と母の自分に対する愛を知り、また、安住できる場所も見つけて、少女は心の平穏を得るのだ。

多読のルールの一つに「辞書を引かない」というのがある。しかし、もともと語彙の少ない私なので、このキーワードさえ分かればもっと内容が理解できるかも、という語があったときには辞書を引くことにしている。
この本を読んでいるときに引いた語は・・・

germ バイ菌  nut バカ者 fib 他愛ないウソをつく smudge 汚れ hideous 忌まわしい 
smear 中傷する overwhelm 苦しめる sneer 嘲笑う・・・・・

こんな言葉ばかり引いたのは、学校教育でこういう言葉を習わなかったから? それともやっぱり、ウィルソンて、アブナイ作家だから・・・?

◎多読の会がお休みになる間、手持ちの本を読もうと思い、語数の計算方法をゆきんこさんに伺った。

1ページの段数×1行の語数×ページ数×0.8

これで1冊の語数が出るそうだ。

余談だが、「スーツケース」のスーツは suits ではない。「スートゥケイス」とでも発音する方が近いかも知れない。語源は分からないが、suit にビジネスマンという意味もあるらしいから、推測するに、(スーツを着た)ビジネスマンが持ち歩いた鞄ということではないだうろうか。
洋服のスーツを私はずっと「上と下のそろいだから複数形」と思いこんでいたのだが、正しくは suit という言葉に「一そろい」という意味があるから単数だということを、つい先々週くらいの英語のクラスで知った。
[PR]

by pataponm | 2010-01-14 17:13 | 英語  

今日のタビィ <庭に出る>

タビィがあんまり外に出たがるので、小型犬用のリードをつけて庭に出してみた。
室内飼いをするなら、どんなに外に出たがっても、この世に「外」というものがあることを一切知らせないまま一生を終わらせてやった方がいいのか、庭先くらいには出してやってもいいものか、迷っていたのだが、タビィは、出たことはなくても、家の外にはさらに広い世界が広がっていることを、どうやら悟っているらしいのだ。

◎だっこして近所を歩いたことはある。家から離れるにつれてタビィの心臓がばくばくし始め、20メートルも離れれば全身が小刻みに震え始める。出たがりのクセにビビりなのだ。
今日は、リードを付けて、自分の足で一歩を踏み出した。
b0134988_14334368.jpg


◎出たがったくせに玄関前のポーチで草や鉢植えの土の匂いを丹念すぎるほどに嗅いでぐずぐずしていたが、思いきったように土の上に降りた。
b0134988_14335494.jpg


◎そのとたん、車が脇を通り過ぎてびくっとする。
b0134988_1434297.jpg


◎ざざざっと一気に茂みの方へ後退、「今の、なに?」
b0134988_14341284.jpg


◎二本足で立ち上がって、周りをきょろきょろ観察し始めた。ミーアキャットか。
b0134988_14341934.jpg


◎あっちを見たりこっちを見たり、警戒心いっぱい。あのー、まだ二本足なんですけど。
b0134988_14342758.jpg


ものすごく用心深いお散歩は、ほんの7、8分で終わった。ほんとにビビりだね。
でも、初めてリビングから他の部屋や二階を解禁したときもこんな感じだったが、今や上へ下へと猛スピードで駆け回る毎日だ。外に出るのも慣れればリードでついて行けないくらい走りまわるようになるのではないか。

◎家に入ればやんちゃな内弁慶タビィ。
「やーれやれ、おさんぽって、気が張るんだわぁ」
b0134988_14343485.jpg

[PR]

by pataponm | 2010-01-14 14:34 | ペット