<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

伊奈町バラ園

ぽかぽか陽気の休日、近くの「伊奈町バラ園」に行く。
伊奈町バラ園は、300種4500株のバラが栽培されている埼玉県最大規模のバラ園だ。
昨日のNHKの関東地方ニュースのつなぎ映像にも使われていた。

◎入園料は200円。広い園内を、バラを鑑賞しながらゆっくり歩くとバラのいい香りがあちこちから漂って来る。品種によって微妙に香りが違うことが分かる。
b0134988_1645418.jpg


◎クイーンエリザベス(1954 アメリカ) エリザベス女王の戴冠に因んで。
b0134988_16454917.jpg


◎ホワイトクリスマス(1953 アメリカ) 素晴らしい芳香。このバラ園で一番の香りだった。
b0134988_16455617.jpg


◎ウルメールムンスター。(1983 ドイツ)
b0134988_11521450.jpg


◎ゴールドリーフ(1993 ドイツ)
b0134988_1646852.jpg


◎ヒストリー(2003 ドイツ)
b0134988_16461487.jpg


◎ストロベリーダイリキ(2003 アメリカ)
b0134988_16462480.jpg


◎しのぶれど(2006 日本) 珍しい紫色のバラ。漫画「ガラスの仮面」の「紫の薔薇の君」が密かに置いて行ったバラは、「しのぶれど」だったんですね・・・?
b0134988_16463340.jpg


◎アシュラム(1998 ドイツ)
b0134988_16464077.jpg


◎夫は、園芸種のバラより、モッコウバラのようにフェンスに群がり咲くようなバラが好き、と言っていた。分かる気もする。菊も立派な名前のついた園芸種より群れて野に咲く菊の方が心惹かれるし。
b0134988_16464728.jpg


◎ノスタルジイ(1995 ドイツ) でもまあ、絢爛豪華なバラもまたいいものです。
b0134988_16465377.jpg


◎スカーレットクィーンエリザベス(1963 イギリス)
b0134988_1647047.jpg


◎ジュビレデュプリンスドゥモナコ(2000 フランス) だーからフランス語はいやなんです。こんな名前のケーキ屋さんがあったら、カタカナで書かれても覚えられません。
b0134988_1647734.jpg


◎緑光(1991 日本) 写真ではよく分からないが、花の色は、黄緑色だった。「緑光」という名がぴったり。
b0134988_16471267.jpg


◎ボニカ'82(1982 フランス)
b0134988_16471833.jpg


◎ブルームーン(1964 ドイツ) これも、ブルーというよりは紫・・・? 
b0134988_1647244.jpg


◎花見川(1986 日本) 
b0134988_16473335.jpg


◎ピンクサクリーナ(2006 フランス) 「あんたもバラか・・・」行くところまで行った品種改良・・・?
b0134988_16474163.jpg


◎ゴールデンボーダー(1987 フランス)
b0134988_16474818.jpg


◎ラバグルート(1980 ドイツ)
b0134988_16475565.jpg


◎ウエスタランド・・・って、このバラは乙女ちゃんちの「天空庭園」に咲いたものでした~。
b0134988_1648161.jpg


◎これは、夫が丹精込めた「うちんちのバラ」。日当たりの悪いわが家でよくぞ育ってくれました。
b0134988_16481144.jpg


◎花瓶に活けて、父の絵を背景に玄関に飾れば、これだってなかなかのもの。
b0134988_16481777.jpg

[PR]

by pataponm | 2012-05-27 16:44 | 近場のおでかけ・旅行  

軽井沢 カフェドルチェ バザー

軽井沢追分のカフェdolceでは来る5月29日、10時から3時まで東北大震災支援バザーが開かれます。
収益金はすべて震災に遭われた方々へ送られます。
お近くの方、当日軽井沢へ遊びに行かれる方、寄ってみてはいかがでしょうか。
b0134988_15134284.jpg


◎平日なので私は行けませんが、羊毛で携帯ストラップを作ってささやかな協力をさせていただきました。
b0134988_15114388.jpg

[PR]

by pataponm | 2012-05-27 15:11 | 羊毛ドッグ・クラフト  

今日のタビィ <3歳になる>

タビィは3歳になりました。
体重は、ここ1年以上10gの変動もなしの3.2㎏。上から見ると赤塚不二夫のマンガに出て来るうなぎ犬みたいに細長い。お腹がぺしょんとなっている。食べることに相変わらず無関心で、人の食べている物を欲しがることはしない。
でも、健康だから、これでいいのかな。

人間の歳に換算すると26歳。息子を通り過ぎて娘とほぼ同い年になった・・・。
という計算もバカらしくなるほど、タビィはやんちゃで元気で甘えん坊で・・・、精神的成長はないように見える。
誰か、作家だったか、「猫は最初の1年を過ぎたら永遠の2歳」と書いていたが、そんな感じだ。

◎これは乙女ちゃんです。
人目を避けて(?)テーブルの下でくつろぐ。人に触られるのも好きではなかったが、お腹を見せて、なでて、と催促したり、ずいぶん友好的になりましたね。
やさしくなでると、すっとどこかへ行ってしまうこともあるが、気持ちよさそうにされるままになっていることが多くなってきた。でも、人の膝に乗ることはないそうです。
b0134988_10561246.jpg


◎かたやこちらはタビィ。
「かいかい」してもらうのが大好きで、乗りにくい夫(ズボンを履いた人)の膝でも構わず飛び乗って来て、かいかいしてもらう。
b0134988_11174311.jpg


◎「うーん、もう、きっもちいい~!」
写楽の役者絵みたいな顔になってしまいました。
b0134988_11153037.jpg

[PR]

by pataponm | 2012-05-25 11:14 | ペット  

女子会ランチ

楽しみにしていた女子会ランチ、代々木ビレッジのイタリアンレストランに、1ヶ月前から予約を入れて行きました。

◎代々木ヴィレッジ内にあるベーカリーや雑貨店、よく見ると建物はコンテナだ。でも、世界中の植物を移植した奥行き感のある庭園デザインとそれらの店舗が、独特の雰囲気を持ったセレブな「別空間」を作り出している。
b0134988_115425.jpg


ところでこのレストラン「code kurkku」という店名だが、どう読むのか分からない。HPを見ても、何と読むのか、店名をカタカナ書きにしたのがないから分からない。
人のウワサ?で「クルック」というらしいことは分かったが、何語? フィンランド語ぽいけど、イタリア語かスペイン語のようにも見える。
日本人にも読めるようにカタカナで書いてほしい、と思うのは、私がおしゃれじゃないから?
なんとなく恥ずかしくてそういう意見は口に出来ませんでした。

◎サーモンとアボカドのタルタル、イクラ添え。野菜に載っているふわふわのドレッシングが珍しい。
b0134988_1155095.jpg


◎7月に北海道へ引っ越してしまう友人のために前途を祝して乾杯(まだ会う機会はあるけど)。
b0134988_1155882.jpg


◎桜エビとセリのパスタ。揚げた桜エビが美味しかった。
b0134988_116434.jpg


◎岩手県産ハーブ豚(生ハムのせ)のサルティンポッカ。
b0134988_1161112.jpg


◎オーダーするときに「メニューの中に苦手なものはございますか」と聞いてくれて、豚肉がだめという人のために代わりのメニューを出してくれる。
b0134988_1161836.jpg


◎本日のドルチェ。モカ風味のババロア、ソルベのせ。とてもおいしいババロアでした。
b0134988_1162635.jpg


音楽を通じて知り合った仲間だけど、音楽以外の共通の趣味がどんどん広がり、お互いに刺激し合い、美味しいものを食べに行ったり面白いものを見に行ったり自然を満喫する旅をしたり・・・、ランチの席での話題も尽きず、本当に楽しいひとときでした。
[PR]

by pataponm | 2012-05-24 11:04 | ランチ・ディナー  

実家のマロン <マロンは急を知らせてくれるか>

実家に帰ったら家の中には、私を見つけて狂喜するマロンだけ。父の姿が見えないので、アトリエや洗面所を探し、最後に父の寝室のドアを開けるとき、ちょっと不安がよぎった。しかし、寝室にも誰もいず、父は裏庭にいたと言って勝手口から入って来た。
一人暮らしの父は91歳。なるべく様子を見に来るようにはしているが、3週間近く連絡しないことは普通だ。これからも、こんな状態を続けてもいいのかなぁ・・・、とときどき思う。
マロンは、急を知らせたりはしてくれないだろうしね。

◎父のアトリエ。娘が中学生のころモデルをした絵が掛かっていた。題は「14歳」。イーゼルは使われてなくなってもう5年になる。
趣味程度でいいから描き続ければいいのに、と素人の私は思うこともあるが、父の画業は趣味ではないから、演奏家が趣味として続けることなくぱったりと弾かなくなるように、父も描かなくなったのだろう。
「画集」が、出版社から返本されてきたといって、300部ほどアトリエの隅に積まれていた。
b0134988_16174688.jpg


◎マロンは、先日どこの毛を切ったのか分からないくらいぼさぼさむくむくだった。
どこに耳があるか分かれば、顔の部分も切れるんだけどねぇ・・・。
私が来たときだけ散歩に連れて行ってもらえるので、マロンはかたときも私の傍を離れなかった。わるいね、今日は雨降りで散歩に行けないんだよ~。
帰り支度を始めたら、マロンは悲鳴のような叫び声で鳴き続けた。「裏切りものー」と聞こえ、心が痛む。
b0134988_1617548.jpg


◎毛玉大王のマロンも、5年前はこんなにかわいかったんですよ。
b0134988_18564560.jpg

[PR]

by pataponm | 2012-05-22 16:16 | ペット  

金環日食

いつもより30分早起きして、金環日食の観察をした。

◎7時過ぎに息子と外に出たら、もうかなり欠けている。やっと一つだけ手に入れた日食用の眼鏡をカメラのレンズに当てて撮影。太陽のど真ん中に電線が掛かってしまったのはあとで分かった。
出勤前の時間だったので、夫も出て来た。近所を見回すと、ほとんど人がいないのが不思議。皆ベストスポットに遠出したか?
b0134988_1084062.jpg


◎家の前の公園に少しずつ人が出て来た。子供は太陽を見るより遊んでいる。
晴れて青空なのにフィルターがかかったような、はかない光線。不思議な空気だ。
b0134988_1084852.jpg


◎太陽の方向だけ厚い雲! いまいましい。
でも、手持ちの普通のカメラで撮れたのは、この雲が光線を弱めてくれたお陰らしい。
b0134988_1085517.jpg


◎7時30分ごろ、ほとんど金の環がかかった状態。細い細い輪郭だけの太陽になったのに、地上は暗くはならない。太陽の偉大さを感じる。
b0134988_109161.jpg


木漏れ日が、欠けた太陽の形になると聞いていたのに、観察するのを忘れた。残念! あの雲越しでも、探せば木漏れ日は見られたのかしら?
[PR]

by pataponm | 2012-05-21 10:08  

軽井沢 5.19(3)~5.20 <新規開店>

今年4月にオープンした二つの店に寄ってみる。

◎軽井沢CHOCORATE FACTORY(中山道沿い 軽井沢署隣り) 。車で通りかかったときに「CHOCORATE」の文字が目に飛び込んで来て、迷わず店に飛び込む。
b0134988_11452817.jpg


◎CHOCORATE FACTORY というくらいだから、様々な国内外のチョコレートの専門店かな、とわくわくしたのだが、実際は麻布十番に本店があるラスク専門店「東京ラスク」の軽井沢店ということらしい。東京から来る人が多いだろうに、軽井沢に「東京ラスク」かぁ・・・(東京ラスクの店名は外からはあまり目立たなかったが)。
チョコのかかったラスクとふつうのラスク(それぞれ何種類かの味)と、軽井沢店限定の軽井沢チョコポール(マカデミアナッツ入り)、その3種類の商品しかなかった(と思う)。
ラスクは軽くてバターたっぷり、さすがに美味しかった。でも、ラスクだけで押して行くとは・・・、強気ですね。
店の奥にチョコボールを作っている工場があり、ガラス越しに見学できるようになっているのが楽しい。コーヒー無料の喫茶コーナーもある。
b0134988_11453325.jpg


◎kiitos (軽井沢病院入口正面)。オーガニックワイン、世界各国の食材、オリジナルのパン、ハム&ソーセージ、国産ナチュラルチーズなど、美味しそうなものがいっぱい。肉は、前もって注文しておけば、御代田の肉屋カタヤマから取り寄せてくれるそうだ。
b0134988_11454039.jpg


◎キートスはフィンランド語の「ありがとう」だから、北欧の食材を扱っているのかと思ったが、ヨーロッパ、アメリカ各国のものが揃っていた。
フィンランドに行ったときに食べたポテチの味が忘れられず、日本で手に入る輸入もののポテチを試してみたがどれもがっかりするものばかり。この店で買ったポテチはアメリカのものだったが、じゃがいもの風味が強く、かなり「思い出の味」に近かった。
b0134988_11454535.jpg


翌朝、朝食後に近所の別荘地を散歩しようと車で下っていたら、蛇がいた。日向ぼっこをしていたらしく、道の真ん中に長々と寝そべっている。

◎車を降りてよくよく見る。ヤマカガシかな? 
「あんまり近づかないほうがいいぞぉーー」と、蛇の苦手な夫がうしろの方から言った。
b0134988_11455178.jpg


◎蛇はゆっくり動いて、たんぽぽに顔をうずめたように見えた。「たんぽぽがすき」な蛇が、「たん。」と言ったかどうかは分かりませんが・・・(まどみちお作『たんぽぽ』より)。
b0134988_11455674.jpg


さらに数歩近付いたら、蛇は私に気付いて突然うねうねと大きく(文字通り)蛇行しながら慌てたように側溝へ逃げ込んだ。歩いてついて行くと、結構な速度で逃げて行く。さすがにちょっと気持ちわるい。

下まで降りると、最近オープンしたらしい雑貨店を発見、オーナーのご夫婦は、近くに別荘にお持ちだという。ちりめん細工やビーズアクセサリーなどの手作り品を置いている。ちりめん細工は奥様の作品だそうだ。

◎店の写真を撮り忘れたけど、こんな小物を買いました。
b0134988_15582530.jpg


散歩をして、お昼を食べるために小屋に帰る途中、夫が「いない。」と言った。蛇の出た地点だ。私はすっかり忘れていたが夫は頭から離れなかったらしい。蛇が平気な人と嫌いな人の違い。
軽井沢には蛇はいない、という情報をどこからか得て安心していたので、今回の蛇出現はショックだったようだ。

◎昨日は浅間牧場で雄大な浅間山を心行くまで眺めたが、うちの小屋の窓からも見えるご近所の山、押立山の小ぢんまりとした姿もいいものだ。
b0134988_114623.jpg


◎帰路、車の中から。高速入口までの峠は、新緑真っ盛り。
b0134988_1146929.jpg


◎碓氷軽井沢IC 入ってすぐのところから見える高岩。
b0134988_11461481.jpg

[PR]

by pataponm | 2012-05-20 11:44 | 軽井沢  

軽井沢 5.19(2) <ブックカフェ・麦小舎~浅間寝観音像>

以前から行きたいとリクエストしているのになかなか連れて行ってもらえなかったカフェ「麦小舎」へ行く。

◎山小屋風外観の麦小舎。
b0134988_1140116.jpg


◎ねこがいた! 対面したかったけど、水を飲むと行ってしまった。
b0134988_1140755.jpg


◎店の横に古本を売っている小屋がある。無人なので、ほしい本があったら店内のレジまで持って行って買う。
b0134988_11401323.jpg


◎アメリカの雑誌「Country Living」(300円)と、羊毛の本(100円)を買った。
b0134988_11401956.jpg


◎裏庭ではフリマが開かれていた。ここでは麦小舎主催でよく催し物をやっているらしい。
b0134988_11402624.jpg


◎アルファベットのはんこ(300円)と、キッチン雑貨(まとめて100円)を買った。
b0134988_11403315.jpg


◎店内。壁面はすべて本棚になっていて、お茶を飲みながら好きな本をゆっくり読むことができる。
常連らしい若い女性がいっぱい。夫が「おやじには入りにくい」と言ってあまり行きたがらなかった理由が分かる。
b0134988_11404068.jpg


◎別にじろじろ見られるわけじゃないんだけどね。年輩夫婦も落ち着いた雰囲気の中で読書を楽しみました。
b0134988_11404620.jpg


◎テラス席(天井はあるが建て増しした感じ)も素敵。
b0134988_1140525.jpg


◎洗面台がレトロでいい。
b0134988_11405966.jpg


こちら側から見る浅間山は、軽井沢側から見るより裾野が広く雄大に見える。お釈迦様が寝ている姿になぞらえて「浅間寝観音像」というらしい。
浅間牧場でもらった「北軽おでかけMap」を頼りに麦小舎から草津方面へ少し車を走らせ、「寝観音」の全景が見えるスポットに行く。

◎たんぽぽ畑越しの寝観音。浅間山の横に黒斑山が並んで見え、これがお釈迦様の頭に見えるのだろうか、そう言われればゆったりと寝そべった姿に思える。
b0134988_1141519.jpg

b0134988_11411172.jpg


◎別のスポットから見た寝観音。
b0134988_11412365.jpg


帰路、浅間大滝に寄った。

◎大滝へ続く道で。水辺に水を飲みに来たらしいあの大きな足跡は、熊だと思うんですけど・・・。
b0134988_11412930.jpg


◎浅間大滝。ちょっと背が低くずんぐり体型?の滝だが、力強い。
b0134988_11413565.jpg

[PR]

by pataponm | 2012-05-19 15:39 | 軽井沢  

軽井沢 5.19(1) <浅間牧場>

軽井沢は新緑の季節。

◎小屋のベランダから見える風景も瑞々しい緑に彩られていた。
b0134988_2054532.jpg


◎4月30日の同じアングル。約3週間でこの変化。
b0134988_2055490.jpg


◎北軽のカフェに行くつもりで出たが時間が早いので少し散歩をしようと、浅間牧場へ。
ところが、あまりの絶景に驚く。「どうして今まで来なかったんだろう。」不覚だった、と夫。
左を見れば浅間山・・・、
b0134988_20551867.jpg


右を見れば遥か志賀高原の方まで見える大パノラマ。
b0134988_2055255.jpg
b0134988_20553162.jpg


◎なんとなく昭和を感じさせるトラックが。レトロなのは鼻づらの形かな?
b0134988_20554485.jpg


◎牛がいた。近づくと顔を上げてこっちを見る。向こうの方にいる牛たちも次々と顔を上げてこっちを見た。
b0134988_2105149.jpg


◎そして、立ち上がると、わらわらと寄って来て・・・、
b0134988_20555199.jpg


◎こーんなに集まってしまいました。柵を開けてもらえると思ったのでしょうか。
b0134988_20555843.jpg


◎となりの牛舎に行くと、別の一団がお食事中。柵の中の一団と交代で食べるのかも知れない。
b0134988_205653.jpg


◎カメラ目線の牛たち。今日は本当によく牛と目が合う。
b0134988_2056111.jpg
b0134988_20561726.jpg


◎道のある風景は、想像をかきたてる。
b0134988_20562458.jpg

b0134988_20563172.jpg


◎小さい子を連れた家族連れが多かった。
b0134988_20563780.jpg


◎結局2時間近く歩き廻ってしまった。牧場入口付近の売店へ戻り・・・、
b0134988_2121773.jpg


◎遅い昼食に、蕎麦を食べました。
b0134988_20564371.jpg

[PR]

by pataponm | 2012-05-19 13:54 | 軽井沢  

イタリアンで誕生祝い

5月2日は私の誕生日。
連休最後の日、近所のイタリアンで夫と息子が誕生日を祝ってくれました。

◎蓮田のイタリアン、「トラットリアナトゥーラ」。街道に面しているのに林に囲まれた雰囲気の外観が素敵。
b0134988_10523715.jpg


◎庭が見える席で・・・、
b0134988_10524455.jpg


◎私と息子はグラスワイン、車を運転する夫はノンアルコールビールで乾杯。
b0134988_10525095.jpg


◎前菜。鰺のフリッターに甘めのドレッシングがからんで美味しかった。
b0134988_10525670.jpg


◎鯛のマリネ。
b0134988_1053299.jpg


◎サラダ。生野菜の下にローストビーフがたっぷり隠れている。
b0134988_10531414.jpg


◎ナスとトマトのパスタ。夫は、ごろごろに切ったナスが大きすぎて全体が大味になっていると言っていたが、私にはそれが美味しかった。
b0134988_10532114.jpg


◎手打ちパスタのチーズクリームソース。このソースは絶品。
b0134988_10532834.jpg


◎牛肉の煮込み。肉がとろけるように柔らかく、ソースも美味しくて、パンで最後の最後まで拭きとって完食~。
b0134988_10533469.jpg


◎食後のコーヒー。甘みは何故か液体甘味料だった。
素敵な雰囲気のイタリアンレストランで美味しいディナー、ありがとう!
b0134988_10534087.jpg


◎今日(5月6日)は、月が大きく見える日でした。
月が楕円軌道上で地球に一番近づく日と満月が重なったスーパームーン現象というそうで、18年ぶりだそうです。ふだんより30%明るく、直径が14%大きく見えるらしい。
とはいっても、沈む前の月が(錯覚で)大きく見えることもあるし、知らずに見たら「今日は月が明るいなぁ」ぐらいで終わってしまったかも。
でも、そうと知ってよく見ると、確かに「でかい」。
b0134988_10534622.jpg

スーパームーンの月が満ちて、ひとつ歳をとった私。
「え? だれの歳?」と後ろを振り返りたくなるような年齢だ。心の中では、既に歳をとるのをやめて久しい。じりじりと実年齢との差が広がって行く一方です。

<後日>
友人から、ネットで見つけたというスーパムーンの画像が送られて来た。
でかっ。
いったいどうやって撮ったんでしょう。肉眼では、こうは見えませんでした。
こんな月をじーっと見ていたら、永久に歳をとらないヴァンパイアになれるかも・・・。
b0134988_2182345.jpg

[PR]

by pataponm | 2012-05-06 10:51 | ランチ・ディナー