<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

軽井沢9.6~7 <小山敬三美術館・小諸市動物園>

軽井沢に車で来て、ときどき私だけ用事で横川から信越本線で帰るのを、夫が意外にも羨ましがっていたらしい。「一度電車に乗ってどこかに行ってみたい」ということで、しなの鉄道に乗って小諸にある小山敬三美術館に行くことにした。

◎信濃追分駅。無人駅だ。壺井栄の童話か何かに出て来そうな・・・。
b0134988_16102258.jpg


◎上り電車が到着した。20人くらいが降りて来て、3両編成の電車では多いとは言えないのに、意外に多いと感じてしまった。
b0134988_1610292.jpg


◎下り電車到着。「ワンマン」と表示があるのが珍しい。昔、バスに車掌がいるのが当たり前のころ、運転手しかいないバスには「ワンマンバス」と表示があったっけ。
b0134988_16103556.jpg


◎昨年、しなの鉄道を走る湘南カラー最後の電車を撮るため全国から「撮り鉄」たちが集まっていた。乗客の何割かは観光客のように見える。浅間山は霞んで見えなかった。
b0134988_16104111.jpg


◎小諸駅前。
b0134988_16104963.jpg


◎懐古園を通って美術館へ。
b0134988_161055100.jpg


◎小山敬三美術館。南欧風の建物で、不思議な形をしている。若いころはスペインに滞在してスペインや南仏の風景を描いたが、後年軽井沢に山荘を持ってたくさんの浅間山の絵を描いた。
b0134988_1611333.jpg


◎懐古園を通らないと美術館に行けないような案内だったが、美術館だけに行けたことが分かった。入園料がもったいないので、駆け足で藤村記念館などを見たあと、園内の小諸市動物園に行く。
リクガメが狭くて柵の低い檻にいた。
b0134988_16111064.jpg


◎色鮮やかなコンゴウインコ。羽を切って跳べないようにしているのだろうか。でも、繋がれていないからどこかへ行ってしまいそう。
私を見ているのは、正面を向いている方?横を向いている方?(だって正面向いたら目は横を見るでしょう?)
b0134988_16112661.jpg


◎はて、どこかでお会いしませんでしたっけ・・・。
b0134988_16113343.jpg


◎クジャクはメスに美しい羽を誇示するように広げてみせる。メスは、ちゃんと「目玉」の数を数えて(数えているわけではないのだろうが)目玉の多いオスのところへ行くそうだ。
ところでそっぽを向いたクジャクさん、人間の女はメスと見なさないというわけですね。
b0134988_16114056.jpg


◎フンボルトペンギンたち。結婚式の控室。
b0134988_16114966.jpg


◎エミュ。巨大な体にちっっさい頭。真っ直ぐこちらを見て来る赤い目が怖いんですけど。
b0134988_16115799.jpg


◎飼育係の人がリクガメを持ち上げてひょいと地面に置いた。のこのこと人のいる方へ歩いて行く。
b0134988_10552492.jpg


◎飼育舎に入る前に少し散歩をさせてあげるそうだ。またどっこいしょと持ち上げて運んで行ってしまった。
b0134988_16121041.jpg


その他、飼育舎の中にいて暗くて撮れなかったが、立派なメスライオンがいて、鹿の生肉をワイルドにむさぼっていた。増えすぎて駆除した鹿の肉を与えているそうだ。血のしたたる鹿肉を頭を振って食いちぎるライオン(怖~~)

◎帰り道、今夜の食材を会にツルヤへ。野菜売り場は秋色。当たり前のきのこ類が並んでいるのだが、豪快にディスプレイしているので季節感が出る。白しめじや、巨大な殿様しめじ、茶色いえのきなど、近所のスーパーではあまり見ないきのこも。
b0134988_16121653.jpg


◎翌日の朝、小屋近くの蕎麦畑を散歩する。
b0134988_16122250.jpg


◎午後は軽井沢農協で買い物。この野菜。何でしたっけ。(ビーツでした)
b0134988_1612286.jpg


◎ここの農協にも、御代田の「雷電くるみの里」で見たような、いろいろな種類のかぼちゃがあった。
b0134988_16123428.jpg


◎ハロウィン用?の巨大かぼちゃも。サラダかぼちゃ(コリンキー)を大きく育てたものでしょうか。
500㎏近くまで育つものもあるらしい。となりにはお盆用の極小かぼちゃ。
b0134988_16124141.jpg


◎買って来たもの。ルバーブは細かったけど、赤い部分が多かったのと安かった(250円)ので買った。ジャムにしたら赤い色は出なかった。
右はワサビ菜。ちょっと下にピリッときて、とてもおいしかった。おひたし3人前が2回分あって110円。ホウレンソウが300円近い今、ありがたい。
真ん中はバジル。使い切れないほどあって110円。その下がモロッコいんげん。柔らかくておいしかった。
b0134988_16124812.jpg


◎こんなものも売っていた。ヤマボウシの実。りんごそっくりの味だった。
b0134988_16125365.jpg


◎これは紫いんげん。このままの色でおひたしになったら面白いと思ったのだけど・・・、
b0134988_1613120.jpg


◎あ~ぁ、茹でたら色が抜けてふつうのいんげんになっちゃった。でも味は最高。
b0134988_16131098.jpg


◎生のバジル。この3倍くらい入っていた。半日もたつと黒い点々が出てきてしまう。使い切れない~。
b0134988_16132010.jpg

[PR]

by pataponm | 2014-09-30 16:12 | 軽井沢  

世代一回転

お盆には、私の実家に大人11、2歳児1、0歳児1の総勢13人が集合した。

◎父の初ひ孫Aちゃんは、2番目のひ孫Sちゃんに興味津々。私の甥と娘の子たち。互いの関係は?ひ孫の代ともなると家族の関係もいろいろと複雑さが増す。
b0134988_1048227.jpg


◎初めは恥ずかしがっていたAちゃん、だんだん慣れてSちゃんに「チュッ」。Sちゃん「きょとん」。
b0134988_10481064.jpg


◎「おばちゃん(私の姪)」にはぜったいに貸さない自分のおもちゃを、ぜーんぶSちゃんに貸しちゃった。
Sちゃん、ありがたみも分からず。
b0134988_1173279.jpg


◎そうかと思うと、トナカイがサンタクロースのそりを引くみたいにSちゃんの簡易ベビーベッドを引っ張って家中お散歩。
b0134988_1193682.jpg


◎Aちゃんは、ひいおじいちゃんの庭仕事をお手伝いするいい子です。手伝いながら「Sちゃんは? Sちゃんは?」と聞いていたそうだ。おっぱい飲んでるよ、と聞いて娘がSちゃんにおぱいをあげている部屋に入って来てじーっと見て「ママのおっぱい?」と言っていたそうだ。
b0134988_10482454.jpg


赤ちゃんだった私や兄の子供たちが実家に集ったころから30年。一世代30年というが、ほんとうに、世代がぐるんと一回転した感じがする。
[PR]

by pataponm | 2014-09-18 10:48 | 実家