<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

いつも誰かが欠けている盆と正月だが、今年は久しぶりに父を中心とした親族が勢ぞろいした。
父から見て、子が2人、その連れ合い2人、孫が5人、その連れ合い2人、ひ孫が3人、総勢15人。

テーブルにつくと、こんな感じです。
b0134988_1039456.jpg


今、お膝や背中にいるひ孫たちが椅子に座るようになり、未婚の孫たちの連れ合いが増え(あと3人増員加)、ひ孫の数も増えたら、もうどこか料亭でも借りないと無理かもしれない。

夕食は、大量のカニ、兄の作った絶品スモークサーモンやライ麦パン、それに刺身が贅沢に乗ったちらし寿司等で饗宴となる。
b0134988_10492832.jpg


父は物忘れが激しくなってきていて、孫までの名前は定着しているが、ひ孫の名前はどうしても覚えられないらしい。まだ頭がはっきりしていた3年前に生まれた兄のところの孫だけは分かって、月に何度も行っている私の孫Sのことを「あれがAちゃん?」などと言う。

「庭の木の枝を切らないと隣の家に迷惑をかける」というのが父の固定観念のようになっているので、男手総出で枝の伐採をした。
「おじいちゃんにしっかり見せて記憶に残るようにしなきゃ」と、「みんなで枝切ってるから、ちょっと見てくれる?」と父を呼び出す。
つい10日前に娘と二人でソルダムの枝を切ったので「この木は、このあいだ切ったよね」と言うと、
「あぁ、そうだったね。これはTさんが切ってくれたんだな」
なんと、何年か前に夫が切ったときのことを覚えていて言う。
はたして今日のことは、父の記憶にどう残るのだろうか。

父は、前歯4本の差し歯が取れてしまい、急に老け込んだ顔になった。
「歯がないと年寄りに見えてイヤだよね」
と94歳が言うので皆笑った。

取れた歯は、どこにいったか分からないそうだ。
こんな風にいろいろ分からなくなっている父だが、いつも皆に感謝して、機嫌よく、人格が壊れていないのが凄いと思う。ケアマネの方が様子を見に来たときも「自らを律する心は失っていないつもりです」と言っていた。
[PR]

by pataponm | 2016-01-06 10:39