OZONE クラフトマーケット2009 大盛況

OZONEクラフトマーケット2009が、大盛況のうちに終了した。
4月29日から5月10日までの開催期間に、のべ270組の作り手が4期に分かれて作品を展示即売するOZONEクラフトマーケット。
私とつちままの「オリンーワンコ!&オンリーニャンコ!」は、5月5日から5月7日までの3日間、展示した。

◎会場になった「リビングセンターOZONE」の入っている新宿パークタワー。真下から撮ったので分からないが、おそろいの三角屋根のビルが3棟並んで建っているのが特徴的で、遠くからでもすぐ見つけることができる。新宿駅西口から出ている、ホテル街をぐるりと回る100円の循環バスで3日間通った。
b0134988_11274250.jpg



◎リビングセンターOZONEは高級家具を扱う店。普段の売り場はそのままに、4階から7階までのフロアに展示のブースを出す。私たちは7階だった。本当にたくさんの人が立ち寄って下さった。手前から2つ目が「オリンーワンコ!&オンリーニャンコ!」のブース。
b0134988_1128129.jpg



◎ブース正面。つちままの展示作品はてのひらサイズの羊毛ドッグ。隣りの私の羊毛キャットたちが異様に大きく見えた。かわいいレトリバーの10倍の大きさの三毛猫とか・・・。一昨年つちまま宅に押しかけ弟子入りして教えていただいたときには、確かにミニサイズの物を作っていたのだが・・・。
b0134988_11282436.jpg



つちままの展示台はレイアウトが洗練されているのに対し、私の展示台は「猫の満員電車」みたい。

◎台の左半分。肉球ストラップや紙バサミなど小物はよく売れて、作って行ったものは完売、店番しながら作り足したものも売れた。
b0134988_17365495.jpg



◎台の右半分。セレブ猫は高台に、のら猫たちは野原風の布を敷いて各々くつろいで・・・とレイアウトを考えていたのだが、いざ並べたら隙間なし。犬も持って行ったのに並べる場所もなくなってしまった。
無理に並べて「満員電車」になってしまったが、犬の売れ行きの方がよかったので並べてよかった。
b0134988_17371134.jpg
つちままの作品を撮るのに夢中になって、自分の作品を撮るのを忘れてしまい、以上2点の写真は、つちままが撮ったのを送ってくれた。


以下は、私が撮ったつちままの作品ギャラリー

◎つちまま作・愛くるしい「おすましドッグ」たち。こけしタイプの様々な犬種のワンコたちがつぶらな目で一斉にこっちを見ている。「きゃー、かわいいー」という歓声と共にたくさんの女性たちが足を止めた。ご自分のペットと同じ犬種を見つけて「〇〇ちゃん~」と呼びかける人もある。やはり犬や猫を飼っている人が寄ってくれて、「こんなの飼ってるんです」と定期入れに入れた写真や携帯の待ち受けにした写真などを見せてくれる人も多く、つい話がはずみ、私たちのブースはいつも賑やかだった。
「私は猫派です」と言って私の展示をいつまでも眺めて「そうそう、こんな格好するんですよね~」などと話し込んでくださる人もいた。
b0134988_11291142.jpg



◎つちまま作・ポージングドッグ。おすましドッグは芯を入れていないが、これはワイアーを入れてあるので買った人のお好みでお座りなど好きなポーズをとらせることができる。元気な男の子が「オレこれ。」と迷わず柴犬を指差し、お父さんに買ってもらっていた。
b0134988_11294912.jpg



◎つちまま作・「ワンコ no ハンコ」。つちままはネーミングの才能もある(オンリーワンコのネーミングもつちまま)。これは、シャチハタなどのハンコにかぶせて玄関などに置けるようにしたもの。
b0134988_1130663.jpg



◎つちまま作・スイーツドッグ。おいしそうだがこれは針山だ。スフレやプリンなどを作るのに使うココットにスイーツのような色の羊毛を詰め、いちごやキウイをあしらい、ワンコの顔を覗かせる。紙製の卵容器に入れて並べたら、初日開店後2時間で完売した。
b0134988_11302490.jpg



お客様の反応を見たり感想を聞かせていただいたり、他の出品者の作品を見て歩いたり、大いに勉強になった。実りの多い3日間だった。

◎午前10時30分から午後7時までの展示時間もあっという間。1日が終わってつちままと軽く食事を食べて帰る。疲れた体にお寿司がおいしかった~。
b0134988_17474882.jpg

[PR]

by pataponm | 2009-05-08 11:34 | 羊毛ドッグ・クラフト  

<< 栃木市散策 キジトラと三毛 >>