栃木の野菜を使って

葉付きの人参なんて普段は買えないから、栃木で買って来た人参は葉っぱも食べてみることにした。
八百屋のお兄さんは「天麩羅にするとおいしい」と言っていたが、他の具をそろえるのも揚げるのも面倒だったので煮付けにした。

◎葉付きの写真を撮るのを忘れて、切り落としてから撮った。
b0134988_10265898.jpg


◎こんにゃく、さつま揚げと一緒にごま油で炒め、ピリ甘辛の味付けで煮る。人参の葉は柔らかくはならず、しゃきしゃき、もそもそ感が残った。夫は山菜のようで、これはこれで美味しいと言っていたが、あとで調べたら、食用にする人参の葉は、根が太りだす前に収穫するらしい。
b0134988_102795.jpg


◎のらぼう。実家にいるころ地元の野菜としてよく食べた。「野良にぼうっと生えている」という意味からこの名になったらしい。やせた土地で手間もかけずに育つ野菜なのだろうか。食感は菜花に似ているが、母は「茎の方が柔らかいからのらぼうは葉からゆでる」と言っていた。
こののらぼうは細くて茎が硬く、記憶にあるのらぼうとはちょっとちがった。
b0134988_1027187.jpg


◎それでも、昔よくやったように辛し和えにした。あまり柔らかくなかったが独特の甘みはのらぼうのものだった。
b0134988_1027272.jpg

[PR]

by pataponm | 2009-05-18 10:27 | 料理  

<< 家族でディナー 栃木市散策 >>