今日のタビィ <肩に乗る>

台所の食卓の上に乗らないのはいい子だが、代わりに椅子の背から人の肩に飛び乗るようになった。
流しで洗い物などしていると、音もなく「ふっ」と背中に乗って来るのでびっくりする。だいたい猫足は何の音もしないのだから、いつ乗って来るのか予想もできない。背後霊が猫に姿を変えて、マンガみたいに斜線と共に肩の上に「ひょぉ」と現れる感じだ。

うまく乗れればいいのだが、ちょっとぐらつくと爪を立てるので痛くて仕方がない。乗せたまま歩きまわるとバランスをとってまた爪を立てる。
少し前は、椅子に座っている私のひざに飛び乗るのがうまくできなくて太ももが傷だらけになった。ズボンのときはまだいいのだがスカートをはいているときは乗ろうとすると自分の方にスカートをたぐし寄せることになるので、タビィは落ちまいと慌てて爪を立ててガリガリとひざによじ登って来るのだ。
ようやくひざ乗りが上手になって、太ももの傷も癒えてきたのに、今度は肩にひっかき傷がいくつもできてしまった。

◎流しに人が立っているとすぐに「ふっ」と飛び乗る。乗られた人はびっくりして「ひゃっ」と言う。
b0134988_1037622.jpg


◎特に何がしたいというわけでもなく、「何やってんのかな」と黙って人の手元を見つめている。降りたくなると「くぅ、くぅ」と鳴くのでソファのところへ行ってしゃがんでやると、自分で降りる。でもまたすぐ「ふっ」と乗る。
b0134988_10371437.jpg


◎夫が人間の赤ちゃんを抱くように縦抱きをすると、安定悪いだろうに、嫌がりもせずくつろいで抱かれている。
b0134988_10372475.jpg


◎気持ち良くてうとうとしているうち、ふぁ~と気が遠くなったらしい。
b0134988_10373170.jpg


◎と、思いきや、何を思ったかいきなり「かぷり」と夫の手にくいついた。
b0134988_10373930.jpg


◎「こら、痛いよ」ぐいぐい、とゆすったら四本の足で夫の腕を巻き込んでますます深くくいつく。
b0134988_10374758.jpg

[PR]

by pataponm | 2009-09-03 10:35 | ペット  

<< 羊毛作品 <柴犬> 夏の終わり >>