今日のタビィ <手術終わって>

タビィが4日ぶりに帰って来た。行きは祭日だったので夫に頼んで車で行き、帰りは里親会のWさんとNさんが車で連れて来てくれた。電車の中、あれだけ騒ぐ子をどうやって連れ帰ろうと思っていたので本当に助かった。

玄関に入るなり、タビィはくるくると狭い範囲を弧を描くように走り回った。
「ほーら、おうちだってすぐ分かって、落ち着いた」とNさんは言ったが、私には半狂乱のように見えた。
「タビィ、タビィ」と呼びかけても目が合わない。抱き上げるとするりと逃げて、また二階へ行きかけては降りて来てせわしく辺りの匂いをかぎ・・・
そして聞いたことがないような金属的な声で「ナー、ナー」と鳴いた。4日間鳴き続けて喉が潰れてしまったのだろうか。

Nさんの話では、車の中でも鳴き続けていたが、家が近付いて来たら鳴きやんだそうだ。「おうちが分かって落ち着いた」というのはそういう意味だったのだ。
Nさんはタビィ3兄弟を拾ってくださった方。車の中でタビィがおしっこをしてしまい、服まで汚されたそうでご迷惑をかけてしまった。

ケージの外から水入れに手を伸ばしてひっかく仕草をするので水をやったら一気に飲み干した。
それから、私たちが食事をしている間、タビィは私のひざに来て丸くなり、ようやく落ち着いたらしかった。
大変な受難だったろう。好きなだけ休ませたい。

◎お腹の毛が四角く刈り取られ、1センチほどの小さな手術跡があった。「埋没式」といって抜糸の必要のない手術法らしい。傷跡が小さいのでびっくりした。Wさんたちは、A先生の手術の腕前を絶賛している。
b0134988_15225931.jpg


◎くちゅくちゅくちゅくちゅ・・・と、私の指のたるみに吸いついて、いつまでも離さなかった。甘えたいだけ甘えさせたやりたい気持ち。
b0134988_15221916.jpg

[PR]

by pataponm | 2009-11-06 15:21 | ペット  

<< 今日のタビィ <受難> 今日のタビィ <病院からの便り> >>