今日のタビィ <小さいものに夢中>

猫って、どのくらい目がいいのだろう。私のことが見えているのか、「タビィ」と呼んでも威嚇体勢をとりながら用心深く近づいて来て、匂いを嗅いでやっと安心することがある。
それなのに、どこからか直径2ミリくらいの小さな玉を見つけて来て、前足ではじきながらいつまでも見失わずに遊んでいたりする。「動体視力がいいんじゃないか」と夫は言う。
小さな玉は、息子がゴキブリに向かって打ち込んだBB弾だった。家具の下やサッシの溝などから拾って来たのだろうか。息子の部屋にはもっとたくさんの「不発弾」があるらしく、2階からBB弾をくわえて来ては遊んでいる。

◎台所のテーブルの上でフェルティングをしていると、袋から羊毛を引っ張り出そうとしたりニードルをちょいちょいと触ったり、うるさくて仕方がない。モールで小さな輪っかを作ってやったらそれに夢中になった。
b0134988_1112354.jpg


◎前足でちょちょいとひっかけてテーブルから落とし、それを「だっ」と追っかけ、前足ではじいて飛んで行くのを夢中でつかまえ、口にくわえて意気揚揚と5、6歩「凱旋行進」、テーブルに戻って来て「戦利品」をポトンと落とす。それからまた前足でちょちょいとひっかけて・・・・
b0134988_1113537.jpg


◎それを小一時間、飽きもせずに繰り返していた。
b0134988_1114347.jpg

[PR]

by pataponm | 2009-12-03 11:00 | ペット  

<< 無人販売所 大根の葉 モラセス >>