ラーメン店 「美豚」 「壱兆」

息子がラーメン店に凝っていて、一人で留守番の昼など、ネットで調べて食べに行っているらしい。休日に私が用事があって、夫と息子二人で昼食というときも「うまいラーメン屋に行った」という話をよく聞く。「お母さんがいないときはラーメンを食べに行く」ということは、私はラーメンを食べる機会が持てないということか、そういえば、何年もラーメンを食べたことがない・・・、と考えたら無性にラーメンが食べたくなった。

◎休日、今まで行ったラーメン店から、夫のお勧めの「美豚」へ行く。
びとん、と読む。個人経営の店かと思ったらチェーン店らしい。
b0134988_1211239.jpg


◎店内はカウンター席のみ。カウンターの中で黒シャツに赤い手ぬぐいを被った4、5人のイケメン( ! )たちが、スポーツでもやるように、きびきびと立ち働いている。
b0134988_1211990.jpg


◎「赤丸ラーメン」というのが新メニューだというので、それを頼んだら、激辛ラーメンだった。
麺はやや太めであまり縮れていなくて、汁の味はこってり感があるのにあっさり目、辛いので肩をこわばらせながら「うまい、うまい」と食べた。
でも、辛すぎて、今いち「美豚の味って?」というのが分からなかった。つけめんで有名な店だから、定番の「煮魚出汁つけめん」を頼むべきだったか。
b0134988_1212712.jpg


◎別の休日、息子も一緒に3人で、「壱兆」へ行く。
多分10年近く前、雑誌を見て来たことがあった。奥さんらしき人がレモン水を持って来てくれたが、今はひどく無愛想なおやじさんが一人( ? )、食券制で水はセルフになっていた。
b0134988_1022143.jpg


◎店内の壁に、ラーメンの汁ができるまでが書かれた紙が貼ってあり、「鯖や鰹を使って12時間以上煮込む」などと書かれていた。
味がとても薄い。出汁がとてもよく出ているのが分かり、スープとして全部飲めるくらいだが、それでもちょっと薄すぎた・・・。具の焼き豚と味卵がすごくおいしい。
b0134988_10222641.jpg


休みの昼はラーメン店、ちょっとはまりそう。
それにしても、娘は休日も部活の監督でいつもいない。可哀想にね。
[PR]

by pataponm | 2010-01-06 10:22 | ランチ・ディナー  

<< 今日のタビィ <取って来い の芸> 今日のタビィ <タビィ vs ... >>