今日のタビィ <タビィは午前中なにをするか>

タビィは深夜凶暴になるクセがあるので、ケージの中にタビィベッドを移動してそこで寝てもらう(そうしないと夜中に顔面を襲われる)。
早朝5時50分ごろ、中学校教師の娘が起きて来る。帰宅は夜遅く毎日大変なのに、シャワー、シャンプー、服選び、アイロンがけ、化粧と身支度に1時間以上もかけるのだ。
娘が起きた気配にタビィも目を覚まして、小さい声でミューミュー鳴いてケージの隙間から手を出して出たがる。開けてやるとすぐ私の指に吸いついて「おっぱいくちゅくちゅ」をやる。口が大きくなったせいか、うまく吸いつけなくなってきたのに一生懸命前足でもみもみしながら吸いつく。
私がトイレに立つとタビィは爪とぎをしたり、カリカリをちょっと食べたりして待っているが、またふとんに入るとするっと入って来て、体中響かせるほどの大きな音でゴロゴロゴロゴロいう。それから私たちは一緒に二度寝をする。早起きの娘には申し訳ないけど、これがなんとも気持ちが良いのだ。
タビィがふとんの中にいると起きるのがすごくつらくなるが、娘が出かけた7時過ぎに私も起きる。ふとんを上げると、下に敷いたマットレスにすかさずタビィが飛び乗ってくるりんくるりん、のびのび~をやる。

それから夫が起きて来て朝ごはんを食べていると、ひざに乗ったりテーブルの下から「ぽくぽく攻撃」したり、一緒にストーブにあたったりしてくつろぐ。
雨戸を開けるとすっ飛んで来てガラス越しに外を眺める。庭の木に来るカラスやシジュウカラをみつけると、長いしっぽを激しく左右にぶるんぶるん振って、上唇を震わせながら「ジジジジジジ」と言う。

家族がみんな出かけてしまうと、ゆっくりエサを食べて、おしっことうんちをして、箪笥の上に移動したタビィベッドにもぐりこんでうたた寝をする。そして昼すぎまで寝ている。

これがタビィの午前中の行動だ。
ビデオをリピートして見ているみたいに、ひとつの狂いもなく毎日同じ行動を繰り返す。猫は、こうすることで精神の安定を得ているのかも知れない。

◎みんな出かけたあと、あったかい部屋でうたた寝をするタビィ。ずぅーっと、寝ている。
b0134988_16531825.jpg


◎のびのびしすぎて手までのびちゃった。
b0134988_1653252.jpg


◎なが~い胴体。頭3つ分くらいが胴だったような気で見ると、あんまり長いのでびっくりする。
b0134988_16533581.jpg


それにしても、朝キッチンの方で身支度している娘の方に、タビィはけして近づかない。多忙するぎる娘はタビィにとって「よそのお姉さん」で、なついていなのだ。
休日など家族4人で食卓を囲むときも、テーブルの下で人のひざからひざへと移動して遊ぶタビィは、娘のひざにだけは行かない。ソファへ飛び乗ろうと走って行ってそこに娘が寝ていると、ピタッと立ち止まって娘の袖の匂いをちょっと嗅いだりして戻って来てしまう。
かわいそうな娘。
[PR]

by pataponm | 2010-01-18 16:52 | ペット  

<< 羊毛キャットのヒゲは馬のしっぽ ピアノの発表会 >>