ルバーブジャム

軽井沢のツルヤで買ったルバーブでジャムを作った。
ルバーブを見るのは初めてだが、新鮮なのはよく分かる。一束399円だった。

◎角がくっきりしていて傷がなく、新鮮なルバーブ。ネットで調べたレシピには「水に1時間ほどつけて元気を取り戻す」とあったが、その必要なし。
b0134988_17282585.jpg


◎茎を1センチほどの長さに切る。蕗に似ているので筋を取るのかと思ったら、そのまま切っていいらしい。あく抜きもなし。
b0134988_17283299.jpg


◎ルバーブの重さの半量の砂糖を混ぜ、水分が出てくるまで数時間寝かせる。
b0134988_17283838.jpg


◎かき混ぜながら15分ほど煮る。酸味を加えるためクエン酸を少し入れた。ペクチンはルバーブに含まれているもので充分。
b0134988_1728458.jpg


意外にも、ルバーブは、ジャム作りの中で最も簡単に作れる材料だった。
カナダ産のルバーブだと赤いジャムになるそうだが、これは一部しか赤くないのでくすんだ緑色になった。でも、ほのかに赤い色が残っている。
[PR]

by pataponm | 2010-09-15 17:27 | 料理  

<< 今日のタビィ <糸玉あそび> 軽井沢ツルヤカタログ 8月号 >>