今日のタビィ <やっぱり魚好き>

食べることに執着のないタビィは、人間の食卓に手を出すことはほとんどない。でもやはり猫、魚となると話は違う。魚を焼く匂いが漂い始めると、台所に来てうろうろし始める。

◎皿に盛ったいわしをじっと見て、鼻をうごめかし「くんくんくんくん」。爪が出ているのは、獲物をひっかける気まんまんの意。
b0134988_17343964.jpg


◎ついに手が出る。「だめ!」と言われると引っ込めるがまた出る。だめなのを知っているのでそーっと手を出すのがおかしい。遠慮しすぎて魚の手前でひっかけて空を切ったりする。
b0134988_17344564.jpg


そんなに食べたいのかと、ほんの少しむしってエサ皿に入れてやると慎重に匂いをかいで、食べることもあれば食べないこともある。やっぱり偏食の子だ。
魚でもほっけや鮭は好き、青い皮の魚はそうでもない、するめはどこにいてもすっ飛んで来る、と好みに差があるようだ。
塩分に気をつけて、するめを細かく切ってごく少量トッピングすると、いつも残すカリカリをよく食べたりする。

1歳前後で3.2㎏で止まっていた体重が、このところ増えて3.5㎏になった。お腹の回りが太くなり、体長も伸びたように思う。
でも、タビィより1ケ月年下のKさん宅のモンクは生後4ケ月でタビィを追い抜き、今は5㎏を超えているらしい。食いしん坊で「人の口からでも食べる」そうだ。触ったものはもらえると覚えて、人が食べようとしている物に「タッチ」をしてくるとか。

タビィよ、もうちょっと食い意地を見せろ!
[PR]

by pataponm | 2010-12-06 17:34 | ペット  

<< まだあった猫グッズ 大倉山コンサート >>